アクトビジョン 人と組織の未来のために

アルバイト・パート募集㊴集まる募集-給与前払い制度

2016-06-27

アルバイト・パートさんの採用や育成を担う皆様を、心から応援する連載コラム。
アクトナビの藤井です。毎々ご愛読頂きありがとうございます。

アルバイト・パート募集のコツやポイント。
求人広告などでも今すぐできる、応募者を増やす方法・工夫の第15回。

今回は、給与前払い制度についてご案内致しましょう。

給与前払い制度 図

□給与前払い制度あり!
□希望者は日払い、週払い制度あり‼

給与前払い制度日払い・週払い制は、以前から製造・警備・建設系などの一部の企業様の募集で記載されていましたが、ここ数年、飲食・流通・サービス業界等でもごくあたりまえに見られるようになりました。

求職者の多様化に伴い、給与の支払いサイトが短いことも強力な魅力要因になる時代。

企業規模によるところが大きいかもしれませんが、恒常的に対応できる体制が整えられれば応募増に繋がる工夫です。
( 一時的、短期的に対応しようとすると概ね失敗してしまいますので注意が必要です )

運用の詳細は企業様によって様々ですが、

☞実際に前払いするのは稼働分 ( 働いた分 ) まで
 ( 若しくは稼働分の〇%までなど )

☞申請〇日後支給、週毎で支払日を決める等、出金処理が煩雑にならないルールを決める

などが一般的なところ。

実際の運用実績は企業様や季節により様々ですが、学生さんは夏休みや春休み前のレジャー資金、最近ニュースになる学生の奨学金問題等の背景からか、授業料を支払う3月~4月も多少実績が増えるようです。

また、特に短期アルバイトの求人で耳にするのは、給与の支払いサイトが長すぎる企業様の面接後の辞退のケース。

短期アルバイトの応募者は、例えば春休み前半に働いて就職前の卒業旅行資金にするなど、賃金がすぐ手にできることが応募動機の一部になっています。

相対的に応募が増える短期募集も、支払いまでのサイトが長過ぎる組み合わせは、面接後の辞退を増やす傾向があることも押さえておきたいところです。

次回も、引き続き『 入社祝い金 』から解説していきましょう。

←「集まる求人-企業の本分」前章へ・次章へ「集まる求人-待遇・制度の工夫」→

ページ上部へ戻る