アクトビジョン 人と組織の未来のために

アルバイト・パート募集㉝集まる募集-法令順守

2016-05-25

アルバイト・パートさんの採用や育成を担う皆様を、心から応援する連載コラム。
アクトナビの藤井です。毎々ご愛読頂きありがとうございます。

アルバイト・パート募集のコツやポイント。
求人広告などでも今すぐできる、応募者を増やす方法・工夫の第9回。

今回は、時代の変化に伴い増えている『 有給休暇・社会保険・時給は1分単位 』などの記載についてご案内致しましょう。

有給休暇制度あり!社会保険加入制度あり♪正社員登用制度あり!時給は1分単位で累積支給‼22時~は時給25%UP!-図

□アルバイトさんも有給休暇制度あり!
□アルバイトさんも社会保険加入制度あり♪
□正社員登用制度あり!
□大好評!時給は1分単位で累積支給‼
□22時以降は時給25%UP!

『 時給欄 』に追記する時給25%UPを除き、主に『 待遇欄 』に記載されるこれらの工夫。

講演やセミナーでこちらのご案内に進むと、ご参加頂いている企業様によっては、

「 これ、どれも当たり前では? 」

というお声を頂くことばかりです。

けれど、これらの記載が確かに応募者増に繋がる時代。背景をご説明していきましょう。

ブラック企業の特徴-①アルバイト・パート層の有給休暇制度がない②加入要件を満たしても、社会保険加入制度がない③労働条件通知書や雇用契約書がない④就業規則がいつでも確認できるようになっていない⑤働く時間が6時間を超えも休憩時間がない⑥深夜割増や残業割増がない⑦時給計算が1分単位ではない-これらはダメの図

時代の変化の中、ブラック企業、ブラックバイトという概念の浸透が急速に進んでいます。

ブラック企業・ブラックバイトを慎重に見分けて応募する求職行動は、成人層のみならず、大学生や高校生の間でも『 ごくあたりまえ 』の時代。

仕事柄、アルバイト・パートさんにインタビューする機会も多いのですが、彼らや彼女らがブラック企業を見分けるポイントは主に次の7つのようです。

☞アルバイト・パート層への有給休暇制度がない
☞加入要件を満たしていても、社会保険加入制度がない
☞労働条件通知書や雇用契約書がない
☞就業規則がいつでも確認できるようになっていない
☞働く時間が6時間を超えも休憩時間がない
☞深夜割増や残業割増がない
☞時給計算が1分単位ではない

確かに上記は全て法律違反。

一部の若者層は、これらにより使用者に懲役や罰金刑が科せられることも知っていました。

「 僕らも自分たちを守るために、Lineやメールで情報交換をしていて 」

「 あのお店ダメってブラック募集は、あっという間にLineやメールで共有 」

と、

『 一人の体験や知識が、あっという間にコミュニティの共通知 』

になるのも時代の変化。

更にコミュニティは1つでなく、たくさんのコミュニティが少しずつ重なり合い、時間と共に地域全体の共通知へ広がっていきます。

若者の人口減少が続いている昨今、一度そのコミュニティにブラック企業と認識されると、その求人募集には終に誰も応募しなくなる……時代になってきています。

雇用&労働関連の法律改正の流れ-2013年4月労働契約法改正、2014年4月次世代育成支援対策推進法有効期限の延長、2015年4月パートタイム労働法改正、2015年9月労働者派遣法改正、2016年10月健康保険法・厚生年金保険法改正、今後労働基準改正の動き、毎年10月最低賃金改定

ここで、しっかり法定基準を認識し、店舗や現場で徹底する企業様が打ち出しているのが、有給休暇社会保険時給は1分単位で支給22時以降は25%UP等の記載、そして様々な法律改正の流れに伴う積極的な「 正社員登用制度 」の整備と記載です。

国は『 働き方改革 』を掲げ、上記のように次々と様々な法律を改正。

また、アルバイト・パートさんが成長・活躍する制度・環境を整える企業の支援・表彰制度を充実させる一方で、逆の企業へは徐々に罰則を強化しています。

法定基準を認識し各店舗や現場で徹底することが、ブラック企業やブラックバイトではない『 証明書 』 のような働きをし、応募者増に繋がる時代。

次回は、「 有給休暇 」「 社会保険 」「 時給は1分単位で支給 」などの記載の中で、まずアルバイト・パートさんの有給休暇制度について掘り下げていきましょう。

《 コラム一覧はこちら 》《 コラムアーカイブスはこちら 》

←「募集を活かすたった1つのコツ」前章へ

ページ上部へ戻る