アクトビジョン 人と組織の未来のために

アルバイト・パート募集㉛集まる募集-柔軟な働き方

2016-05-16

アルバイト・パートさんの採用や育成を担う皆様を、熱く応援する連載コラム。
アクトナビの藤井です。毎々ご愛読頂きありがとうございます。

アルバイト・パート募集のコツやポイント。
求人広告などでも今すぐできる、応募者を増やす方法・工夫の第7回。

今回は、 最近目立って増えている『 勤務日時は週1~2日、1日2~3時間からOK! 』 『 シフトは〇週ごとの自己申告制‼ 』の記載についてご案内致しましょう。

週1日からOK!1日2~3時間からOK‼シフトは〇週ごとの自己申告制!スケジュールに合わせ働けます‼-図

□週1日からOK!
□1日2~3時間からOK‼
□シフトは〇週ごとの自己申告制!スケジュールに合わせて働けます‼

減少し続ける求職者人口と増加し続ける求人件数。

有効求職者数推移・有効求人数推移グラフ-2009年-2016年3月厚生労働省発表値(新規学卒者を除きパートタイム含む)を基に弊社作成

更に、多様なライフスタイルや求職行動の多様化と共に増えてきたのが、

『 より柔軟な勤務日時で働ける 』
『 自分のスケジュールに合わせて働ける 』

点を強く訴求した求人募集です。

以前は、『 週3~4日からOK! 』『 1日4~5時間からOK‼ 』や『 時間・曜日応相談! 』 程度の記載が中心でしたが、最近では『 週1日からOK! 』『 1日2~3時間からOK‼ 』『 シフトは自己申告制!スケジュールに合わせ働けます 』と、更に柔軟な働き方を包み込む記載が急増しています。

業界や募集職種も、あらゆる業界、あらゆる職種で増えていて、中には『 週0もOK! 』『 シフト自由 & 急なシフト変更もOK! 』と訴求する求人広告まで見かけるほどです。

多様で柔軟な働き方を包み込むと、応募できる人口が劇的に増える-座標図

同じ求人募集でも、時間や曜日をより柔軟にすると、確かに応募者数は劇的に増加します。

上図のイメージでも一目瞭然ですが、例えば

①『 週5日、1日8時間フルタイム勤務 』できないと応募ができない求人広告

②『 週1日、1日2~3時間勤務 』から『 週5日、1日8時間フルタイム勤務 』まで
 いろいろな働き方でも応募できる求人広告

があるとすると、②の方が「 応募可能な求職層 」が圧倒的に広がるので、ターゲット人口 ( 応募できる絶対人口 )自体が劇的に増加するからです。

採用ターゲット ( 採用を想定する人物像 ) も、以前は、「 学生層 」や「 フリーター層 」「 主婦層 」が中心でしたが、最近では「 ミドル層 」「 シニア層 」そして「 Wワーク層 」まで更に広がっています。

厚労省のパートタイム労働者総合実態調査をはじめ、様々なアルバイト・パート調査でも、アルバイトやパートで働く理由の第1位は、常に 「 都合の良い時間や日に働けるから 」

「 自分の都合の良い時間だけ働きたいなんて…… 」

という価値観の時代は遙か昔。労働人口の減少の中、

『 多様性の包み込み 』『 働き方改革 』

の価値観で人材戦略を設計しなければ、企業の存続さえ危うい時代になりました。

1日8時間しっかりと働ける方を想定したった1人を採用するために苦労している状態から、1日数時間働ける方を組み合わせる想定へ発想を広げ、数多くの応募者が集まってくる状態-図

このあたりは、少し俯瞰してみると、それまで長く続いていた固定観念を外し、

☞1日8時間しっかりと働ける方を想定し
たった1人を採用するために苦労していた状態

から、

☞1日数時間働ける方を3名~4名組み合わせる想定へ発想を広げ
数多くの応募者が集まってくる状態

へ「 時代の変化への適応 」が進んでいる……ということもできます。

『 多様性の包み込み 』『 働き方改革 』は、採用難を解決する価値観でもあるわけです。

週1日、1日2時間からOKの募集原稿例-主婦、学生、Wワーク、フリーターごとに実際に働いて欲しい勤務例を記載し、よりイメージしやすい原稿-図

求人広告の記載は、各メディアのスペースが許す限り働いて欲しい勤務例も一緒に記載すると良いでしょう。

学生層 ☞ 学校が終わった夕方からや土日だけ等の募集が応募効果が高い

主婦層 ☞  家事や子育ての合間、10時~16時が応募効果が高い

フリーター層 ☞ 1日8時間がっちり稼げる募集が応募効果が高い

Wワーク層 ☞ 会社が終わった後の数時間や早朝ニーズも

シニア層 ☞ 早朝から日没前を中心に無理のないシフトが応募効果が高い

ことも考慮し、採用ターゲット ( 採用を想定する人物像 ) 層それぞれが、日々の生活の中で採用後の生活リズムをイメージしやすい求人広告が多くの応募者を集めています。

人材多様化時代-組み合わせる-図

実際の運用で、多様性の包み込みにさほどコストはかかりませんが、

☞シフト調整や労務管理などが複雑になる
 ( コストはかからないが手間暇はかかる )

☞職場で働く人たちの総人数が増え、現場マネジメントの対応が必要
 ( 現場の人のマネジメントと仕事のマネジメント範囲が広がる )

☞よって、多様性の包み込みに対応した現場マネジメント力を磨く機会も共に
 ( 現場任せにして新たな課題を生むケースもあり )

など、人事・労務管理を担う方や現場マネジメントを担う方との連携は欠かせません。

Just-時代に合った・公平に・正しく・最適なタイミングで Joy-ワクワクする・充実感満足感の高い・喜びのある Join-繋ぐ・結ぶ・組み合わせる 図

特に『 多様性の包み込み 』『 働き方改革 』のためには、現場マネジメントの変革が重要で、こちらの課題を解決するため、前章で触れた『 Jスタイルマネジメント』『 J活 』等をはじめとした各種ご相談も増えています。

『 働き方改革 』や『 多様性の包み込み 』 のための「 現場マネジメント力向上 」にご興味のある皆様は、お気軽にこちらからお問い合わせ下さい。

《 コラム一覧はこちら 》《 コラムアーカイブスはこちら 》

←「集まる求人-面接場面の工夫」前章へ・次章へ「集まる求人-応募者層の拡大」→

ページ上部へ戻る