アクトビジョン 人と組織の未来のために

アルバイト・パート募集㉓組織を熱くするJ活のススメ

2016-03-22

アルバイト・パートさんの採用や育成を担う皆様を、熱く応援する連載コラム。

アルバイト・パート募集のコツ。「 集める 」採用から「 集まる 」採用への第8回。

前回触れた「 Jスタイルマネジメント 」は、アルバイト・パートさん比率の高い職場で特に大きな効果を発揮しています。

今回は、このJスタイルマネジメントを浸透させる「 Jスタイル活動 」( 略して 「 J活 」 )についてご案内致しましょう。

 結果に対しあれこれ動く組織 と 求める結果になるための原因を創りだす組織 図

これまで繰り返しお伝えしていますが、進むべき方向や目的地が明確になると到達のための道筋や手段より鮮明になっていきます。

原因と結果の視点から見ると、上手くいかない組織は結果に対しあれこれ動き回りますが、上手くいく組織は求める結果の原因を創りだすように動きます。

ここでの結果は、定着率が高い職場。人が育つ職場。活気ある職場。組織成果の向上など。
もちろんこれらに付随し、採用の課題も劇的に改善されます。

そして、その原因を創りだすのが「 J活 」

結果に対しあれこれ動くのではなく、求める結果を鮮明にし、その原因を創りだす活動を……というわけです。

J Style Management Meeting ワークシート例6枚 オリエンテーション アイスブレイク 各種データ資料 Jスタイルマネジメントワークシートなど 縮小表示

※こちらをクリックすると別画面で拡大します

「 J活 」を取り入れられる企業様の多くは、社長様や幹部の皆様と綿密な打ち合わせの後、まず上記のようなミーティングから始めて頂いています。

初回のミーティングは概ね7つのステップがあり

ステップ1 オリエンテーション
…時代の変化や、会社としての変化への対応を再確認しミーティングの目的を共有

ステップ2 アイスブレイク
…気軽な題材で意見を出し合う空気づくり

ステップ3 具体的データに基づき、変化に対応する必然への腹決めと承認
…データや情報、現状の課題から新たなやり方や学びへの積極的な意識創り

ステップ4 座学と質疑応答 ( 知識は学習 )
…Jスタイルマネジメントのポイント、ケーススタディなど

ステップ5 ロールプレイングと互いのアドバイス ( スキルは練習 )
…アルバイト・パートさんとの各場面を想定したロールプレイング

ステップ6 個々の行動計画記入と発表・共有 ( マインドはi-PSと自発 )
…自ら目標・計画を決めi-PS( インスパイア・パッション・シンパシー )の時間を

ステップ7 総括・次回ミーティングの確認~エンディング

となっていて、知識だけではなくスキルやマインドも含めマネジメント力向上が図れるよう設計されています。

J Style Management Meeting じっくり編 ワークシート例3枚 マネジリアルアイデンティティ 現状分析 強みと課題 行動計画策定シート など 縮小表示

※こちらをクリックすると別画面で拡大します

ここで、「 更に広い効果を視野に推進したい 」という一部の企業様は、以前ご紹介の

Must Will Canシートや経営7階層Linkシート
職場活性度分析サーベイ

なども応用し、半日から1日程度の時間をとってもう一歩踏み込んだミィーティングになることもあります。

更に上記のようなシートも活用し、現状や目指す状態をより緻密に整理。

分科会やディスカッション、一人一人の行動計画策定にもじっくりと時間をかけ、定期的なミーティングを通してPlan → Do → Check → Actionのサイクルを回しています。

ディスカッションの中、抽出される互いの強み期待される姿改善点行動計画などへのアドバイス……の時間は、ある意味で組織の成長・発展の起点になり、かけがえのない機会になったというお声も頂き、とても熱い時間になります。

「 J活 」 は、現場のマネジメントが時代に合ったスタイルになるだけでなく、一人一人のよりいっそうの本気を引出し、熱い組織を創りだす活動でもあるようです。

《 コラム一覧はこちら 》《 コラムアーカイブスはこちら 》

←「アルバイト・パート集まる理由前章へ次章へ集まる求人募集-最近の傾向」→

ページ上部へ戻る