アクトビジョン 人と組織の未来のために

アルバイト・パート募集㉒募集を活かすJマネジメント

2016-03-15

アルバイト・パートさんの採用や育成を担う皆様を、心から応援する連載コラム。

アクトナビの藤井です。毎々ご愛読頂きありがとうございます。

アルバイト・パート募集のコツ。「 集める 」採用から「 集まる 」採用への第7回。

今回は、これまでご紹介のマネジメントポイントを総括する『 Jスタイルマネジメント 』についてご案内致しましょう。

Just-時代に合った・公平に・正しく・最適なタイミングで Joy-ワクワクする・充実感満足感の高い・喜びのある Join-繋ぐ・結ぶ・組み合わせる 図

講演やセミナーでは、前回までにご紹介のようなポイントを持つマネジメントスタイルを、『 Jスタイルマネジメント 』、こちらを組織に浸透させていく活動を『 Jスタイル活動 』( 略称J活 ) と呼び、ご案内させて頂いています。

JスタイルマネジメントのJは、

□Just……時代に合った 公平に 正しく 正確に 最適なタイミングで
□Joy……ワクワクする 充実感・満足感の高い 喜びのある 成功する
□Join……繋ぐ 結ぶ 組み合わせる

等、アルバイト・パートさん比率の高い職場で有効なマネジメント特性の頭文字に由来。

様々なマネジメントスタイルの中で、特にアルバイト・パートさん比率が高い組織で有効なスタイルとして多くの企業様で活用頂いている考え方です。

安定期と変革期 人材多様性の大きな組織と小さな組織 人のマネジメントと仕事のマネジメント 今日の飯と明日の飯 個々の事情の配慮と組織成果の重視 説明の図  

安定期と変革期。黎明期と拡大期。組織構成員の多様性が小さな場合と大きな場合……。

環境や組織状態の変化により、その組織にとって最適で・有効なマネジメントスタイルは、変化に適応させることが大切です。

組織の安定期に有効なマネジメントも、変革期や成長期には別のスタイルが必要なように、
加速する働き方の多様化に適応したマネジメントスタイルが『 Jスタイルマネジメント 』というわけです。

組み合わせる 図

特にアルバイト・パートさん比率の高い職場の場合、

□週数日、1日数時間など多様な働き方の人材の強みを活かし、組み合わせ補い合う

□社会経験や属性など多様な人材の様々な働く背景を理解し、公正、公平に力を引き出す

組織の成果と、働きがい働き易さのある職場を両立させWin-Winの状態を創る

など、他の組織とは多少異なる機能も担わなければなりません。

Jスタイルマネジメントは、勤務時間や働き方など個々の事情や働く背景に配慮しながら、ひとり一人の力をしっかり引出すマネジメント。

人材の多様性を包み込み、力を組み合わせ、組織の成果を最大化するスタイルが特徴です。

Jスタイルマネジメント-マネジメントワード-マネジメントスタイル図 いつも上機嫌にふるまう 笑顔でコミュニケーション 褒める・認める・喜ぶ・叱る ありがとう・助かるよ・なるほど・さすが!

時代の変化と共に、働き方の多様性を広げるアルバイト・パートさんたち。

これまで触れていなかったポイントでは、「 普段からいつも上機嫌にふるまっている 」「 笑顔でコミュニケーションしている 」点が特徴的で、こちらは学生さんや社会経験の浅い層が多い職場ならではのポイントと言えるでしょう。

前回迄ご案内のように、マネジメントシーンでは「 ○○な良いお店創ろう 」を各場面で発信しながら、「 ありがとう 」「 助かるよ 」「 なるほど 」「 さすが! 」「 すごい‼ 」など内発的動機づけに基づく言葉がよく使われます。

他、入社初日からの導入育成ステップ 褒める 」「 認める 」「 喜ぶ 」「 叱る 」など社会経験の浅い層を戦力化する基本も、工夫されたツールやほんの少しのスキルを踏まえてJustなタイミングで行われている点も特徴です。

Jスタイルマネジメント-特徴図表 心の居場所創り 理解・納得・共感・自発 公平・公正でブレがない 人によって態度を変えない 目的地を示しワクワクさせる ヒトに怒らずコトを叱る  

大きな環境変化の中、「 働く人たちの適応感・満足感 」と「 充実した職場 」を両立させ、働く人と企業や職場にWin-Winの状態を創りだすJスタイルマネジメント。

次回は、組織にJスタイルマネジメントを浸透させる「 Jスタイル活動 」( 略称「 J活 」)にご案内を進めましょう。

《 コラム一覧はこちら 》《 コラムアーカイブスはこちら 》

←「アルバイト・パート集まる理由前章へ次章へ集まる求人募集-最近の傾向」→

ページ上部へ戻る