アクトビジョン 人と組織の未来のために

アルバイト・パート募集⑲集まる組織の5つの秘訣

2016-02-25

アルバイト・パートさんの採用や育成を担う皆様を、熱く応援する連載コラム。

アクトナビの藤井です。毎々ご愛読頂きありがとうございます。

アルバイト・パート募集のコツ。「 集める 」採用から「 集まる 」採用への第4回。

これまでのご案内を踏まえて、ワガコト採用の職場づくりの「 現場マネジメント 」の側面へ進んでいきましょう。

人が「集まる」職場マネジメントの特徴 ありがとう 〇〇なお店創りたい なるほど さすが 教えて どう思う 図

「 人を集める 」のではなく、自然に「 人が集まる 」職場やお店。

講演やセミナーでは時折、そこで「 まるで魔法のような現場マネジメント 」が行われているように思う方もいらっしゃいますが、その本質はほんの小さなシーンや事実の積み重ねで、ひとつ一つは今すぐ誰もができることばかりです。

どんなシーンが組織マインドを高めるのか?

少しの工夫で再現できるシーンは?

まず今回は、店長様やマネージャー様、そして現場マネジメントをサポートする皆さんが、今すぐできる身近なポイントから5つほどご紹介致しましょう。

アルバイト・パートさんが自ら互いに声を掛け合い、常に理想の状態が保たれるお店では、店長、マネージャー、そして現場マネジメントをサポートする方々に、次のような共通点がありました。

素敵な物語は『ありがとう』からはじまる

① 「 ありがとう 」

「 友達紹介してくれてありがとう 」「 一緒に働いてくれてありがとう 」
電話を繋いだだけなのに「 ありがとう 」、閉店時は毎日「 今日もありがとう 」

APさんたちのアンケートにも、店長さんはいつもありがとうと言っている(笑)との記載。

店長さんの「 ありがとう 」が広がるのか、APさんも含めお店中に「 ありがとう 」がいつも飛び交っている……との記載もありました。

② 「 褒める・叱る 」は「 感知・傾聴・共感・通意 」の手順

感知とは、アルバイトさんの状態や周囲の雰囲気を感じ知る力です。
この力を発揮すると、褒めるベストなタイミングや、ベストな叱り方に繋がります。

例えばAPさんがなにか大きな失敗をした際、いきなり叱るのではなくまずアルバイトさんの状態や周囲の雰囲気を感じ知る。
多くの場合、大きな失敗ほど本人も反省していますから、叱る前にまず「どうしたの?」と話を聴く。失敗し落ち込んでいたAPさんは「 ○○○です。これから△△気をつけます 」と自分で原因を分析し、自ら反省し、改善策へ。
指導育成の徹底は、失敗したAPさんがマインドリセットし落ち着いてから納得いくように。

アンケートにも「 叱る場面でも、話を聞かずに頭ごなしにいきなり怒られたことがない 」「 いつも筋が通っている 」「 理不尽さがない 」の記載がありました。

こちらは「 働き易いと感じる職場 」が決してご機嫌をとっているわけではなく、必要な時はしっかり叱り、しっかり褒め、しっかり指導育成している点もポイントです。

育て上手な人は成長やできたことを主語にする 育て下手な人はできていないことばかり主語にする 図

③ あいさつ + ヒトコト

「 おはよう‼昨日のAKBのコンサートどうだった? 」
「 お疲れ様。今日は忙しかったね。来週試験だから今日はよく休んで体調崩さないでね 」

APさんのアンケートでは、ひとり一人のことをよく知っていてよく見ているとの記載。

こちらは別のポイントである「 包容性 」「 理解してから理解される 」とも繋がります。

④ 「 教えて 」「 どう思う 」「 なるほど 」「 さすが 」

特にベテランAPさんには素直に「 教えて 」と言ったり、「 どう思う 」と意見を聴いて「 なるほど。助かる。ありがとう 」と言ったり。

アンケートには「 僕はアルバイトなのに、一緒にお店をやっている感じ 」の記載。

こちらは後程ご案内する「 巻き込み力 」や、組織の「 有意志動性 」とも繋がります。

⑤ 「 〇〇な良いお店を創りたい 」

「 良いお店にしよう 」「 〇〇なお店に! 」も頻繁に発信し、アルバイト・パートさんにも深く浸透しています。

インタビューからは、商品の提供時間のテーブル差でお客様から長いクレームを受けた後、誰に話すでもなくぼそっと言った「 もっと良いお店創るぞ…… 」にジーンときた、自分にも何かできることはないかと思った……という臨場感ある話が。

更に良いお店にしたい、目標となるお店のイメージがAPさんにも伝わり共有されています。

ありがとう おかげさま 招く図

5つほどご紹介しましたが、これらは今すぐできるごく小さなことばかりです。

けれど、これらの小さなことが、ワガコト組織の現場マネジメントの共通点。

逆に、採用に困っている職場ではこれらのポイントが低いか全くないケースもあり、小さなこと故に「 ありがとう 」「 助かるよ 」「 お疲れ様 」「 おかげで 」等、人員不足で業務が忙しくなるほど薄れがちになるのかもしれません。

忙しい時ほど「 ありがとう 」、あわただしいからこそ「 助かるよ 」

採用に困らない組織、ワガコト採用の組織は、まるで魔法のようなマネジメントではなく、ほんの小さなシーンや事実の積み重ねから創られているのです。

《 コラム一覧はこちら 》《 コラムアーカイブスはこちら 》

←「アルバイト・パート集まる理由前章へ次章へ集まる求人募集-最近の傾向」→

ページ上部へ戻る