アクトビジョン 人と組織の未来のために

アルバイト・パート募集⑭集まる理由を集める理由

2016-01-29

アルバイト・パートさんの採用や育成を担う皆様を、熱く応援する連載コラム。

アクトナビの藤井です。毎々ご愛読頂きありがとうございます。

アルバイト・パート募集のコツ。

自社や自店舗にアルバイト・パートさんが集まる理由の第5回。

今回は、集まる理由を集める理由……を掘り下げておきましょう。

上等で新鮮な素材がそろって、はじめてシェフはその力を発揮できるのです

「 費用対効果の高い求人募集のコツは何でしょうか? 」

「 効果を高める求人広告の書き方は? 」

「 今、一番良い求人媒体は何ですか? 」

求人や採用をテーマにした講演やセミナーでは、こういったお声を数多く頂きます。

今改めて振り返ると、こういったご質問へのお答えは、時代の変化とともに変わっていったことに気づきます。

特にここ数年の採用環境の変化はふり幅が大きくスピードも速くなっています。

10年前は多くの企業様が踏み込むまでもなかった『 永続できるグランドデザイン設計 』『 採用活動の完成形 』まで広くご提案しなければならないほど、時代は変化してきました。

採用活動の完成形 設計図 魅力要因・集まる理由は今も昔も重要なポイント

一方で、数少ない変わらないポイントの一つが『 魅力要因 』『 集まる理由 』です。

ここが鮮明な企業や組織は、どの時代でも同じ求人広告で何倍もの成果を上げています。

店舗に掲示する店頭求人POP、お客様に手に取って頂く求人リーフレット。

そして、ここ数年急速にその役割を増している採用ホームページや採用サイト。

既存メディア、自社メディア、ソーシャルメディア …… いずれにしても「 集まる理由 」を言語化し、素材化し、時には集め、時には生み出し、時には育てる …… 企業が、激しい採用環境の中で人を集め、業績を伸ばしています。

採用広報の4つめの鍵フロー図 どの媒体で 誰に 何を どんな表現で どう伝える

以前ご案内の採用広報の4つめの鍵

『 誰に、何を、どの媒体で、どんな表現で、どう伝える 』

という採用戦略のコンセプト設計ポイントをご案内しましたが、時代の変化の中、

☞誰に……時代の変化と共に多くの企業が採用ターゲットを広げ、今やどこも激戦

☞どの媒体で……これまでご案内のように媒体は多様化し媒体力は分散化し激戦

☞どんな表現で & どう伝える……厳しい採用環境の中、研究され、こちらも激戦

と、5つある要素のうち4つまでもが激戦域に変わり、なかなか先行しにくい要素になってきています。

『 集まる理由 』『 シーンや事実 』は自社ならでは、唯一無二の自社オリジナル 図

もう一方、『 何を 』のメインデッシュ素材となる『 集まる理由 』『 シーンや事実 』は、自社ならではの要素であり、自社オリジナルの出来事で、激戦域から遠く離れた要素です。

アルバイト・パートさんが何を感じながら働いているのか、日々どんな出来事があったかは真似しようがありませんから、唯一戦わずとも良い、戦いとは無縁の要素が『 集まる理由 』『 シーンや事実 』 というわけです。

求人募集や採用担当の方は、ともすると「 媒体選択や表現手法 」ばかりに注目しがちな場面もありますが、『 集まる理由 』に注目する方が遥かに採用活動は進化します。

「 集まる理由 」を言語化し、素材化し、時には集め、時には生み出し、時には育てる ……という動きが、変化する時代の『 採用活動の完成形 』への近道です。

どんなに腕の良いシェフでも、素材がなければ美味しい料理は創れません 図

どんなに腕の良いシェフでも、素材がなければ美味しい料理は創れません
素材のない調理台の前では、せっかくの腕もふるえず空回り。
上等な肉や魚介類、新鮮な野菜が並べられ、はじめてシェフはその力を発揮します。

何の素材もない調理台の前で、メディア選択や表現手法を空回りさせてはいませんか?

空回りしているにも関わらず、相変わらずメディア選択や表現手法ばかりでは、採用活動はいつまでも進化への道を歩めません。

美味しい料理は、シェフの腕だけでなく、たくさんの素材によって創られるのです。

←「アルバイト・パート募集のコツ前章へ次章へ募集を活すたった一つのコツ」→

ページ上部へ戻る