アクトビジョン 人と組織の未来のために

アルバイト・パート募集⑥トリプルメディア戦略

2015-12-10

アクトナビの藤井です。毎々ご愛読頂きありがとうございます。

ご案内しているアルバイト・パート募集のコツ。

今回は、前回ご紹介の「 トリプルメディア戦略 」 についてご案内致しましょう。

 recruiting_gimmick_for_ap_017

変化する時代は、求職者人口の減少や、採用競争率の増加などのマイナス要因だけでなく、それに対応するためのプラス要因もしっかり用意してくれています。

その代表が、ランニングコストの低い『 採用ホームページ 』等の『 自社メディア 』を容易に活用できる環境、無料で活用できる『 フェイスブック 』『 ツイッター 』 、最近では『 インスタグラム 』『 スナップチャット 』等の『 ソーシャルネットワーク 環境。
( その他、ネット印刷の浸透で『 印刷コストが劇的に下がった 』等もありますね )

採用活動は、どうしても採用広報―求職者への広報という「 求職者との接点 」が必要です。

募集活動の悩みの一つは、求人広告費等ここに掛かる多くの予算なのですが、時代の変化は
□低いコストで
□容易に
□365日・24時間
□少し極端な言い方をすれば 「 世界中の誰にでも 」
□ふんだんな自社情報
を届けられる環境を用意してくれたわけです。

採用活動の舵を成功スパイラルへ切りなおすにあたり、せっかく用意されている便利な道具を使わない手はありません。

recruiting_gimmick_for_ap_020

まず『 採用ホームページ 』『 採用サイト 』についてですが、まだお持ちでない企業様へ、既存の求人メディア等との比較を改めて整理しておきましょう。

recruiting_gimmick_for_ap_018_s

こちらをクリックすると別画面で拡大します

□掲載期間 ― 無制限
□情報量 ― 無制限
□必要に応じ、いつでも好きな時に内容を変更できる
□しかも、いつまで掲載しても一定で少ないコスト
□一度制作すれば、自社の永遠の経営資産になる

など、そのメリットは絶大です。

一方で、今の時代

「 採用ホームページは、うちもある 」

という企業様がほとんどかもしれません。

既にお持ちという企業様には、その採用ホームページ・採用サイトが本来もっている力をしっかり発揮するものなのか、以下の8問チェックをご案内しておきます。

□募集要項の掲示中心になっていない
□応募フォームがあり、記入・送信し易い構成になっている
□応募フォームまでの導線がしっかり設計されている
□募集要項型でなくシーン・エピソード・コト語り型になっている
□既存の求人広告等からの導線、ランディングページが工夫されている
□募集データ、店舗数など、情報は最新の状態になっている
□PV、セッション、UU推移などを定期的に観測している
□上記データから、定期的な更新などPDCAサイクルを回し改善している

如何でしょう?

ポイントは他にもありますが、上記の8つはまず最低限押さえておきたいところ。

全てYESであれば、その採用ホームページはきっと効果を発揮していることでしょう。

逆に、YESが5つ以上でなければ、それは採用ホームページや採用サイトの体裁をした全く別のものかもしれません。

弊社が携わっている企業様は皆さま驚かれますが、時代の変化と共に、採用ホームページや採用サイトは多くの皆様がイメージするより遥かに大きな効果を発揮しています。

採用ホームページをお持ちでないのであれば、永遠の企業資産として導入を検討してみる。

採用ホームページをお持ちなのであれば、本来持っている真価をしっかり発揮するために、少し整備しフル活用する。

採用活動の舵を成功スパイラルへ切り直す……といっても、その打ち手のひとつひとつは、とても簡単で小さなことの積み重ねです。

recruiting_gimmick_for_ap_019

続いて、SNS-ソーシャルネットワークサービスの活用ですが、こちらはコスト面で更に
敷居が低く、すぐにでも始められるメディアです。

フェイスブックでも慣れれれば一回5分~20分、ツイッター類なら僅か2分~3分で更新でき、徐々に増えていく「いいね」や「シェア」や「コメント」や「フォロワー」に、手ごたえがすぐ感じられることでしょう。

唯一の欠点は炎上対策や乗っ取り対策など、ビジネス活用には少しだけコツが必要なこと。

こちらについてはまた後程詳しくご案内致しますが、炎上対策については
□宗教や政治など個人の主義・主張に関わる内容には触れない
□個人情報や信憑性の低い情報更新は避ける

乗っ取り対策については
□端末システムの最新版への都度更新
□ウイルス対策などセキュリティ機能の強化
□パスワードの定期変更

など、それほど難しいものでもありません。

ホームページやSNS活用については、実際のホームページ制作や活用サポートだけでなく、講演やセミナーも承っており官公庁や種々大学でも多くの実績を頂いています。

ホームページ制作やサポート、更に効果を高めるための活用法、セミナーや社内研修など、ご興味のある皆様は、こちらからお気軽にお問合せ下さい。

次回は、トリプルアプローチ戦略についてご案内致しましょう。

←「採用環境の変化に適応する前章へ続きへアルバイト・パート募集のコツP3」→

ページ上部へ戻る