アクトビジョン 人と組織の未来のために

アルバイト・パート募集⑤完成形への設計図

2015-12-04

アルバイト・パートさんの採用や育成を担う皆様を、心から応援する連載コラム。

アクトナビの藤井です。毎々ご愛読頂きありがとうございます。

ご案内しているアルバイト・パート募集のコツ第5回。

前回のご案内、皆様はどのようにお感じになったでしょうか?
「 これでもう人材募集で頭を抱えずに済みますね 」
という会話までの軌跡は、まさに採用環境の変化への対応です。

変化する時代……ダーウィンの進化論ではありませんが、
「 強いものでも、体の大きなものでもなく 」
「 変化に対応した種だけが生き残る 」
は、募集・採用の世界も同じなのかもしれません。

recruiting_gimmick_for_ap_014

上図は、前回のお二人が創りあげた、採用活動の完成形への、いわば設計図です。

全体は、以前ご紹介した「クロスメディア」から

「トリプルメディア・トリプルアブローチ」

という考え方へ更に進化を遂げています。

「 トリプルメディア 」の中は、今まで活用していたメディアを全て既存メディアとまとめ、新たに活用し始めた「 ソーシャルメディア 」、採用ホームページ等の「 自社メディア 」と、3つの重点採用広報チャネルを整理。

「 トリプルアプローチ 」 の中は、アプローチ手段の主流「 パソコン、スマホ 」類で1つ。そこに「 人づくり・職場づくり 」と、採用実務の各シーンをまとめた言葉「 えんむすび 」という、一見するとあまり関係性がなさそうな項目が並んでいます。

更に「 現場マネジメント力 」「 人事制度 」等、採用活動により関係なさそうな要素は、なぜこの図全体の上と下にあるのでしょう?

recruiting_gimmick_for_ap_015_s

図をご覧になって、

「 これとこれは、うちでもやっている 」

「 これとこれは、最近ちょうど着手し始めたところ 」

「 この視点もあったな。早速検討しよう 」

という企業様もたくさんいらっしゃるでしょう。

真中の6つ、上下2つの計8つある要素のうち、半分くらいまで手を着けられているなら、採用活動の舵は、もう成功スパイラルへ向かっているのではないでしょうか。

recruiting_gimmick_for_ap_016

逆に、

「 なぜ、人づくり、職場づくりが採用活動のプラスになるんだろう? 」

「 採用活動を考えたいのに、なぜ現場マネジメントや人事制度? 」

「 なぜ応募受付や面接が『 えんむすび 』 という言葉でここにあるんだろう?」

という企業様もいらっしゃることでしょう。

ご安心ください。これらの点はこの後、しっかりナビゲーションさせて頂きます。

 
「 採用活動の舵を成功スパイラルへ切りなおす 」

次回も、引き続きご案内を進めていきましょう。

《 コラム一覧はこちら 》 ・ 《 コラムアーカイブスはこちら 》

←「採用環境の変化に適応する前章へ次章へアルバイト・パート集まる理由」→

ページ上部へ戻る