アクトビジョン 人と組織の未来のために

変化への適応③-場創りの視界

2015-09-25

前回ご案内の、2018年問題や様々な法律改正への対応。

ここで大切なのが、自社の未来を描くにあたり、人が集い、成長し、活躍し、充実した人生を共に歩む 「 場創り 」 の視界を伴っているかどうかです。

変化する時代の中、この 「 場創りの視界 」 を見落としてしまうと、せっかくの取り組みや思い切った打ち手も、なかなか上手くいかない……という状況に繋がることが多いのです。

例えばこの項の冒頭ご紹介した、採用や定着や育成の課題を解決するはずの、新しい働き方への諸制度やアルバイト・パートさんの正規雇用化。

この視界が伴っていないために、膨大なパワーと時間と手間暇をかけた新しい諸制度に、 「 希望者がほとんど現れない 」 ……状況に出会うことがあります。

華々しい成功事例の陰に隠れてあまり目が向けられませんが、手間暇をかけ整えた諸制度が 「 意図した成果に結びつかない 」 ……というお悩みも、一方で少なくはないわけです。

導入や育成の仕組みを整えたが定着の課題は解決されなかった……。

応募が少ないので思い切って時給を上げたが、応募者はさほど増えなかった……。

こういった状況に共通しているのが、「 場創りの視界 」 を伴わないまま採用や定着の課題に取り組んでいるところ。

せっかくの取り組みや思い切った打ち手が上手くいかない……等のお悩みを伺っていくと、多くのケースで 「 場創りの視界 」 を見落としている……という共通点に行き当ります。

バブル崩壊やリーマンショックの影響が根を残していて 「 人材をコストと捉える 」 傾向が強すぎるケース。

アルバイト・パートさんの一昔前の役割設計が固定観念になり 「 働く人たちの成長や能力の発揮になおざり 」 な取り組みになっているケース。

採用難や定着や戦力化の課題に集中するあまり、「 働く人たちの姿を見失った 」 ままで、制度設計や広報や運用を進めているケース……。

いずれも働く人ひとり一人の多様性という側面や、意欲や感情や能力発揮の側面に無頓着になりがちで、そこが成功事例とのズレとなり、意図した成果を阻む原因になっています。

数々の成功事例は制度の内容やその緻密さばかりが注目されますが、本当の共通点は、制度の内容や緻密さにあるのではなく、強い決断力と 「 場創りの視界 」 にこそあります。

多くの成功事例が 「 緻密に制度設計されている 」 のは、「 働く人ひとり一人の姿を見て、多様性や成長や意欲に対応している 」 故ですし、「 じっくり時間をかけ、丁寧に 」 導入されているのは、「 働く人ひとり一人の想いや感情に配慮している 」 故なのです。

以前ご紹介した、企業がアルバイト・パートを雇用する理由

「 人件費が割安 」

「 忙しい時間帯や一時的な繁忙に対処できる 」

「 経験・知識・技能のある人が即戦力で働いてくれる 」

ばかりではなく、ひとり一人が活き活きと働く 「 場創りの視界 」 を伴わせる……。

採用や定着や育成の課題解決ばかりに集中してしまうのではなく、

「 ひとり一人が働く動機 」

「 頑張ってくれる拠りどころ 」

「 仕事を通して得る成長や喜び 」

「 感情や心情の変化 」

等にも思いを馳せ、充実した日々を共に歩む 「 場創りの視界 」 に配慮して取り組む……。

少し俯瞰して捉えてみると、お客様満足の実現も、組織としての提供価値を高めることも、ましてや業績や利益や組織の成長・発展も、この 「 場創りの視界 」 が伴っていないと、
なかなか上手くいかない時代……になっているのかもしれません。

←「アルバイト・パート採用の現状前章へ続きへ採用環境の変化に適応するP2」→

ページ上部へ戻る