アクトビジョン 人と組織の未来のために

アルバイト・パート活用-企業側からの「そもそも」

2015-08-10

企業経営や店舗運営を担う皆様をはじめ、アルバイト・パートさんの採用や育成を担う皆様を応援する組織活性化のヒント集。

アクトナビの藤井です。毎々ご愛読頂き誠にありがとうございます。

 
ご案内しているアルバイト・パート活性化の土台創り。

前回迄は、頑張ってくれているアルバイト・パートさんの視界からのアプローチでしたが、もう一方で薄れがちなのが「 企業やお店側の視界 」 からの 「 そもそも 」 です。

 
こちらの視界をセミナーや研修等でご案内する際は、

・アルバイト・パートさんを募集しようと思い立った機会や場面

・採用募集での苦労や工夫

・印象に残る面接や合否連絡のやりとり

など、「 募集を決断してから採用まで 」の様々な出来事を思い浮かべて頂いています。

印象的なシーン。深く心に刻まれている場面……。

嬉しかったエピソード。腹が立った状況……。

感謝したこと。反省した事態……。

達成感や充実感を感じさせてくれた物語……。

そういった採用活動の苦労や、応募者との様々なシーンや物語を思い浮かべて頂きながら、例えばこんなご質問をさせて戴くのですが、皆様はどんなお応えが浮かぶでしょうか?

皆様は、なぜアルバイト・パートさんを募集・採用するのでしょう?

アルバイト・パートという形態で雇用しているのは、なぜなのでしょう?

その仕事は、なぜアルバイト・パートさんが担っているのでしょう?

……。

こちらも忙しい日々の業務の中、普段あまり深く意識していないテーマかもしれません。

「 この業務は昔からアルバイトという形で募集しているので…… 」

といったお応えを戴くこともありますが、例えば、

もし自社がアルバイト・パートさんを全く雇用していなかったら……どんな課題が発生し、どんな対応が考えられますか?

もし、今、自社や自店舗の全てのアルバイト・パートさんがいないとしたら、自社や自店はどうしているでしょうか?

という視界まで広げてみると、如何でしょう。

自社や自店舗とアルバイト・パートさんの関係性、自社や自店でアルバイト・パートさんが担っている役割などが、より深く鮮明に見えてきます……。

◊ ◊ ◊

前回までのご案内が 「 アルバイト・パートさんを理解する 」 ところからの土台創りなら、今回のご案内は 「 自社や自店舗をより深く理解する 」 ところからの土台創りです。

売上、利益、顧客数、購買単価……など様々なトピックで多忙な日々の中、薄れがちになる「 そもそも 」 に立ち戻るところにこそ、アルバイト・パートさんが集い、定着し、育ち、活き活きと活躍してくれる組織創りの鍵が隠れています。

自社や自店舗がアルバイト・パートさんを募集している理由。

自社や自店舗にとって、アルバイト・パートさんとはどのような存在なのか。

ある企業様は、この視界を突き詰めていくと、「 自社のミッション 」 「 自社の提供価値 」 「 戦略設計や組織設計 」 など、自社の土台と繋がる領域に行きつく……と仰いました。

また別の企業様は 「 どんな会社にしたいのか 」 「 どんな組織でありたいのか 」 という、ビジョンや目指す組織の形が、ふと頭をよぎった……と仰いました。

シンプルだけれど、様々なことを思い起こさせる 「 そもそも 」 へのアプローチ。

アルバイト・パートさんが活性化している組織の土台は、自社や自店の土台に繋がる領域と極めて近いところにありそうです。

←「活性スパイラルに舵を切る前章へ続きへアルバイト・パート活用の土台P2」→

ページ上部へ戻る