アクトビジョン 人と組織の未来のために

仕事環境を高める③ 自社らしい風土や文化を育む

2013-05-30

前回 触れた、仕事環境のソフト面。

執務環境などのハード面よりも、先に業務環境や職務環境などのソフト面を磨き高める手順が理想……とお伝えしましたが、業務環境職務環境と密接な関係にあり、時には仕事環境全体をも牽引する力を発揮するのが組織風土企業文化です。

 
以前、人材育成の項 でご案内した、変化する時代の 人が育つ組織 の特徴。

culture_01

・風通しが良い組織
・多様性を糧にする組織
・理念やビジョンを共有し、今だけでなく未来を語り合う組織
・良い意味での遊びを上手く取り入れている組織
・失敗に寛容で、積極的に挑戦する風土が活性化している組織

実はこういった組織風土企業文化を持つ組織は、人材が育つだけでなく、募集採用活動も上手くいっていることがとても多いものです。

これらの他にも、

・開放性
・親身性
・協働性
・啓発性
・遂行性
・不屈性
・変革性
・機会創造性

など、自社や自組織ならではの組織風土や企業文化を研ぎ澄まし活性化させていくことは、採用力を高めることにも大いに繋がるところです。

・自社らしさとは?

・自社らしさのどんなところが好きか?

・その自社らしさは、他社と比べどこが違うのか?

・その自社らしさは、自社の商品やサービスに、どんな命を吹き込んでいるのか?

・その自社らしさは、自社で働く上でどんな意味を持っているのか?

こういった視点で、できるだけ多くの人と共に自社のカルチャーを明確な言葉にしてみる。

そして、それがよく現れているシーン、これから創り出したい物語などを共有してみる。

仕事環境を磨き高める……というと大きな予算や何か難しいことを想い浮かべがちですが、例えばこんな小さなことから着手するだけでも、数限りない大きな変化が生み出されていくものです。

◊ ◊ ◊

組織風土や企業文化を磨き高めるという視点では、

・人事担当副社長自ら 「 最高文化責任者 」 ( CCO – Chief Culture Officer ) という役割を兼任し、企業文化を磨き高め続けるグーグル

・「 企業文化こそがブランド 」 「 企業文化を強固にしていくことこそ成功の近道 」 と、その 「 ハピネス経営 」 を学ぶため世界中から視察ツアーが絶えないザッポス

を想い浮かべる方も多いかもしれません。

特にザッポスは、積極的に視察ツアーを受け入れていることや、ザッポスカルチャーブックがオープンなこともあり、事業展開をしていない日本の中でもあちこちで勉強会や研究会が開かれています。

この辺りは定期的に開催されているお勧めの勉強会もご紹介していますので、こちら からお問い合わせいただければ幸いです。

《 コラム一覧はこちら 》《 コラムアーカイブスはこちら 》

←「採用力の1つめの要素」前章へ・次章へ「採用力の3つめの要素」→

ページ上部へ戻る