アクトビジョン 人と組織の未来のために

募集採用-求人媒体のポテンシャルを引き出す①

2012-12-25

企業経営や人材採用を担う皆様をはじめ、人と組織を成長発展させたい……
そんな熱い想いの皆様を応援する、募集採用のヒント集。

アクトナビの藤井です。毎々ご愛読頂きありがとうございます。

 
前回ご案内の、当たり前にやるべきことをすれば人材は採用できる……。

今回は、その中でも最も見落とされがちなポイントです。

「 せっかく予算を掛ける求人募集、もっと応募効果を高めたい! 」

という皆様。

数々の採用手法や採用設計、採用テクニックの前に、各求人媒体の営業や制作担当者を、

「 この採用を絶対成功させるぞ! 」

と徹夜を重ねるほどに熱くするには……という視界はお持ちでしょうか?

◊ ◊ ◊

実は、私自身も何度となく徹夜を重ねるほど熱くなってしまう一人です。

私の体験で恐縮ですが、まだ私が二十代後半だった頃のことです。

駅からほど近い、真新しい大きなビルの11階。
まるでどこまでも続くかのように広がる床と十数本の柱。                
そして窓の外に見える景色だけの、まだ本当に何もないオフィスフロア。

初めて、その方……以下「 Kさん 」 と記しますが……との出会いは、そんな場所でした。

アメリカでは既に大手の、ある企業様の日本進出。

Kさんは、創業責任者の一人として部門の立ち上げを任され、これから数カ月で150名以上のスタッフを新しく採用していなければならない……そんな使命を熱く語り続けながら、まだ机さえも置かれていないオフィスフロアを案内してくれました。

「 ここに、机と椅子がまず50ほど並びます 」

「 このあたりがミィーテイングルームになります。外の景色が綺麗ですよね 」

「 ここは応接室の予定で…… 」

まだ何もないフロアに少し照れくさそうに笑いながら、別の階へ移り打ち合わせ。

打ち合わせが進めば進むほど私が痺れてしまったのは、その真摯さ、切実さ、そして熱心さでした。

当時、求人媒体の営業担当でしかなかった私ですが、おそらく、そんな私に会うためだけに準備したであろう資料とその説明の充実度。

自社のアメリカでの創業の生い立ちから、沿革、成長の歴史。              
自分たちがお客様に選ばれるために何を大切に、何をし続け、どの時点でギアやステージが変わったのか。                                  
そして、なぜ日本進出に至り、日本で何を提供しようとし、何を目指しているのか……。

的確な資料でそういった説明が続いた後、今度はKさんご自身の話に続きます。

Kさんご自身の経歴。アメリカに渡る機会の中で、この企業とめぐりあった物語。       
急速にファンとなり惚れ込んでしまう中、偶然出会った日本進出の話。          
そこに参画できた幸運……だからこその、Kさん自身のこの事業に賭ける深い想い……。

更には、これからお客様になるであろう、まだ出会っていないたくさんの人たちへの使命感にも似た感覚……までお話し頂きます。

進む打ち合せの中、私はたった数時間でこちらの企業様のファンになり、なによりKさんのファンになり、そして今回の採用を成功させる!という強い信念で満たされていきました。

その後、限られた予算の中で私自身も何度も徹夜をするほどに、この採用の成功へ熱く深くのめり込んでいきます。

そうして実現した企画。

それは、練りに練って掲載した複数の求人広告と共に、媒体の巻頭を飾る編集記事1ページのタイアップ。更には媒体の表紙にまで社名を掲出し、その媒体自体の電車の中吊り広告や駅貼り広告の中でも募集を紹介……というものに。

当時、この企画は社内でも前代未聞と言われました。

当然応募効果は凄まじく、数日前に何もなかったオフィスは、たくさんの新しい机や機器、そして、今後日本での展開を担うたくさんの新しい人たちで埋め尽くされていきます。

もちろん編集や広報の方々はじめ、多くの人たちの協力と共感がなくては実現しない企画。

ですが、その多くの人たちをも衝き動かしたのは、まさにKさんがひとりひとりに熱く語った沢山の言葉と、出会う人たちひとりひとりに燃え移るほどの溢れる情熱だったわけです。

◊ ◊ ◊

採用活動に熱心でポジティブな方ほど、媒体の持つポテンシャルを引き出す……という法則があります。

社内のメンバーのみならず、社外の人たちをも熱くしてしまう。

媒体の営業担当はもとより、制作担当者、そしてKさんのように編集や広報の一人一人を熱くさせてしまう方々は、皆さん求人媒体のポテンシャルを120%引き出します。

逆に、

「 いやいやプロなんだから、そこまでしなくても良い提案してくれなきゃ…… 」

「 媒体の担当者は、全てのお客様にそういう提案をするのが仕事でしょう…… 」

と感じた皆様は、幸いです。

おそらく、まだ求人媒体のポテンシャルを引き出す余地が充分に残っているからです。

もっと効果を高めたい!という想いを叶えるには、「 求人媒体のポテンシャルを引き出す 」 ことが最も簡単で最も近道です。

けれど、そのために、まず営業担当を熱くし制作担当を熱くする……という視界は、意外に見落とされがちかもしれません。

営業担当者も人間。制作担当者も人間。

求人媒体の営業担当がこの会社に入りたい……と思ってしまうほど、熱く語っているか。

求人媒体の制作担当をこの会社の◎◎と〇〇を伝えたい……とむずむずさせているか。

この辺りはわかり易いよう、次回は全く逆の事例から見ていきましょう。

←「発展する組織と募集採用」前章へ・続きへ「求人広告の効果を高めるにはP2」→

ページ上部へ戻る