アクトビジョン 人と組織の未来のために

人が育つ組織創り-風通しの良い組織

2012-10-25

ご紹介している 「 人が育つ組織 」「 人が育ちにくい組織 」

人材育成のための仕組みや仕掛けが 「 活かされる組織 」「 活かされない組織 」

最初にご紹介するのは、 組織の風通し 」 というキーワードです。

 
「 人が育つ組織 」 に共通しているのは、同僚間、同期間、同じ職場内はもちろんのこと、上司や経営層、他部署など 「 タテ・ヨコ・ナナメ 」 のコミュニケーションがとても活発で、個々のエネルギーが真っ直ぐ組織の成長・発展に向かっているという特徴です。

揺るぎない相互理解と相互信頼。

素直に本音を語り合え、時には健全な形で感情もぶつけ合える組織。

一人一人の意見が伸び伸び発信され、互いにしっかり受け止めあっているので、協力・結束の力が強く、成果や価値創造へ個々のエネルギーが損失なく相乗している。

変化の時代の中、現場がキャッチする微妙な変動やそれぞれの部署が持つ情報との統合は、時に大きなヒントになることが多いもの。

組織の風通しは、そういったものをしっかり糧にするわけです。

「 タテ・ヨコ・ナナメ 」 に情報やノウハウが血液のように駆け巡る組織。

組織発展のアイデアがあれば、どの部署のどんな立場の人とも素で語り合える組織。

こういった組織は、様々な仕掛けの歯車も真っ直ぐ噛み合い、取り入れる仕組みも劇的な力を発揮しています。

風通しが良く、「 タテ・ヨコ・ナナメ 」 のコミュニケーションが活発な組織は、人が育つ組織でもあったのです。

◊ ◊ ◊

一方 「 人が育ちにくい組織 」 に共通しているのは、風通しの悪さです。

風通しの悪い組織は、個々の意見やアイデアを狭いところに閉じ込め、個々のエネルギーの行き場を迷走させます。

本来 「 タテ・ヨコ・ナナメ 」 が協力・結束して相乗効果を生み出すべき案件も、部署ごとの壁や互いの縄張り意識に阻まれ、けん制しあって行き詰まってしまう。

組織発展の大きなヒントになるはずの現場の感覚はましてや、感じる違和感も口にし難く、個々のエネルギーが成果や価値創造に届く前に大きく減衰している。

時に、感情まで閉じ込めて、ひとり一人が漠然とした不安感やストレスを感じながら仕事をしているのも共通する特徴です。

完全武装しなければ本音を口にできない組織。

いつもどこかで誰かが疎外感を感じている組織。

風通しの悪さは、本来、組織の成長や発展への大きなエネルギーとなるはずの要素まで狭いところに閉じ込めてしまいます。

こういった組織では、育つはずの新人社員も自分の中に閉じこもりがち。

様々な仕掛けの歯車も上手く噛みあわず、せっかく取り入れた仕組みも空回り。

風通しの悪い組織は、人が育ちにくい組織でもあったのです。

◊ ◊ ◊

ここでお伝えしたいのは、これまでご紹介してきた仕組みや仕掛けに目を向けるのならば、組織の風通しにも目を凝らしてみることの重要性です。

人材育成に本気で向かうなら、組織の状態によって風通しを良くするために窓を開け放ち、時には壁を取り払う必要があるかもしれません。

自社や自組織の「 タテ・ヨコ・ナナメ 」 のコミュニケーションを活発にする。

一見、人材育成とは関係がなさそうですが、人が育たない根本的な要因は組織の風通し……というケースは意外に多いものです。

《 コラム一覧はこちら 》《 コラムアーカイブスはこちら 》

←「内発的動機づけ・外発的動機づけ」前章へ

ページ上部へ戻る