アクトビジョン 人と組織の未来のために

変化する時代の人が育つ組織創り

2012-10-19

共に歩むかけがえのない仲間と、大切な組織をもっともっと成長・発展させたい。
そんな熱い想いの皆様を、更に熱い想いで応援する人材育成のヒント集。

アクトナビの藤井です。毎々ご愛読頂きありがとうございます。

 
これまでご案内してきた、人材育成のための様々な取組み。

ここで補足しなければならないのが、これらは形だけを取り入れても、組織によって効果に差が出るケースがある……という側面です。

たくさんの企業の人材育成に携わる中、他の組織ではとても上手くいく仕組みや仕掛けも、それぞれの組織特性により効力が少しずつ変る……ところに組織活性の奥深さがあります。

それぞれの組織の特性とは、日々の組織習慣決定事項の決まり方人事制度や評価基準組織風土や企業文化、そして組織を束ねる方の考え方や価値観などが大きく関わるところ。

コラムの冒頭では、現場の育成視点を中心に……とお伝えしましたが、この項では少しだけ組織風土や企業文化の領域にも踏み込み、これらの仕組みや仕掛けが 「 活かされる組織 」 と 「 活かされない組織 」 がある……という点について触れておくことに致しましょう。

工夫や仕組みが「 最大限活かされる組織 」と「 少ししか活かされない組織 」……。

数多くの事例からは、それぞれの組織に共通する幾つものキーワードが浮かび上がります。

 culture_01

ここでは、変化の大きな時代、その中からどうしても外せない

① 「 風通しの良い組織 」 と 「 風通しの悪い組織 」

② 「 多様性を糧にする組織 」 と 「 多様性を疎んじる組織 」

③ 「 目的や未来を語り合う組織 」 と 「 現在だけの組織 」

④ 「 ワオ!のある組織 」 と 「 遊びや面白さのない組織 」

⑤ 「 失敗を明日に活かす組織 」 と 「 失敗を許さない組織 」

の5つを取り上げ、5回に分けて掘り下げておきましょう。

これらは、少し見方を変えると 「 人が育つ組織 」 と 「 人が育ちにくい組織 」 にも繋がっています。

いっそうの本気で人材育成に向かうなら、これまでご紹介の様々な仕組みや仕掛けと共に、組織の状態に目を凝らすことが欠かせない時代。

まず次回は、 「 タテ・ヨコ・ナナメ 」 のコミュニケーション …… 組織の風通しについて掘り下げていきましょう。

《 コラム一覧はこちら 》《 コラムアーカイブスはこちら 》

←「内発的動機づけ・外発的動機づけ」前章へ

ページ上部へ戻る