アクトビジョン 人と組織の未来のために

誰が育てる?どう育てる?⑨ PDCAと5つのステップ

2012-05-30

ご案内している誰が育てる?どう育てる?

 
「 どう育てる 」 について 「 基本となる5つのステップ 」「 味方になる3つのスキル 」 をご案内してきましたが、今回は以前ご紹介した 「 OJTとG-PDCA 」 との連動 について触れておきましょう。

method_of_training_03

これまでのご案内は、以前ご紹介した 「 OJTとG-PDCA 」 と連動させて、フィードバックしながら運用することが大切です。

これまでのご案内が活用されるのは、「 OJT 」 の中の一場面であることが多いでしょう。

5つのステップを活用しながら、「 OJTとG-PDCA 」 という大きな育成チャネルを確認し、時に課題となる点を改善する、育成計画自体の調整や見直しを提案する……という視界も、育成を担う方の大切な役割です。
 
以前ご案内した、「 仕組みや制度 」「 オペレーション 」
 
これを 「 車 」「 ドライバー 」 の例えに立ち戻るなら、車の状態を点検し、ガソリンを補給したり、オイル交換をしたり……は、大切なドライバーの務めです。

タイヤ交換も必要になるでしょう。バッテリーはどうでしょうか。

そうして車の状態が現状と合わなければ、時にはチューンアップの必要性やニーズを捉え、メカニックに提案する。

ここでのメカニックは、人事 ( 若しくは経営層 ) ということになるでしょう。

車の状態が現状と合っていないのに、現場が無理をして人材育成が滞る……というケースはあちこちの組織で見られます。

ガソリンが少なくなってきたら補給する。

古くなったオイルは交換する。

そして、現状のニーズを捉えた人材育成にするために、時にチューニングを提案してみる。

なぜか見落とされがちなのですが、「 オペレーション 」 と 「 仕組みや制度 」 は、相互でフィードバックし合うことでこそ、より良い人材育成に繋がります。

← 「指導育成4つの基本構造前章へ ・ 次章へ「育成担当5つの基本機能」→

ページ上部へ戻る