アクトビジョン 人と組織の未来のために

誰が育てる?どう育てる?④ 人材育成の土台づくり

2012-04-25

かけがえのない人たちと、この大切な組織をもっと成長・発展させたい……。
そんな熱い想いの皆様を、更に熱い想いで応援する人材育成のヒント集。

アクトナビの藤井です。毎々ご愛読頂きありがとうございます。

 
前回ご案内の、指導育成のための基本構造。

ここでまず行うことは、全てを支える 『 関係性の土台 』 づくりです。

method_of_training_06

育成担当になり、まず行うことは、教えることや指導することではなく 「 関係性の土台 」 を築くこと。

教えなくては……指導しなくては……の前に、育成するメンバーを理解し、自ら理解され、強い信頼関係を築き上げることが大切なのです。

メンバーの人となり。どんな動機で入社を決め、何を目指しているのか。

どんなことに興味関心があり、どんなところに喜怒哀楽のポイントがあるのか。

ここを理解していないと、「 伝えたつもり 」 の指導になってしまい、本来の機能である 「 伝わる 」 指導・育成ができません。

更には、育成担当の前提 『 人は人によって成長する 』 『 人と人との最適なかかわり 』も欠かせない要素。

指導・育成の全ての土台となるのが、相互理解、強い信頼などの健全な関係性です。

◊ ◊ ◊

指導・育成の中で、時には叱らなければならない場面もあるでしょう。

もちろん、労ったり褒めたりという場面はもっとあります。

この辺りは新入社員に限りませんが、そういった叱ること、労うこと、褒めること……等が真っ直ぐ届く組織なのか、真っ直ぐ届かない組織なのか。

ここを分けるのも、多くは関係性の土台の状態です。

叱ったり、労ったり、褒めたりすることが曲がって届いたり、様々な届き方をしたりして、

「 数度叱っただけで辞めてしまった 」

「 褒めたのに、雰囲気が悪くなった 」

という状況を生んでしまう組織は、この関係性の土台が脆いことが多いもの。

相互理解という幅広い裾野を持ち、強い信頼関係で結びつく組織は、叱ること、労うこと、褒めることが真っ直ぐ届き、

「 こんなに本気で叱ってくれた。ありがたい。 」

「 こんなに褒められた。もっとがんばるぞ! 」

と、人を育み、人を活き活きと成長させています。

《 コラム一覧はこちら 》《 コラムアーカイブスはこちら 》

←「人材育成-誰が育てる?・どう育てる?」前章へ

ページ上部へ戻る