アクトビジョン 人と組織の未来のために

誰が育てる?どう育てる?③ 育成のための基本構造

2012-04-20

ご案内している誰が育てる? どう育てる?

この頁からは 前回 ご紹介の育成担当者へのレクチャーの内容も含め、『 どう育てるか 』 について掘り下げていきましょう。

method_of_training_05

上記は変化する時代の中で、今どきの新入社員を指導・育成するための基本構造を整理したものです。

時代の大きな変化の中、こういった構造を踏まえず指導・育成を進めても上手くいかない……という状況が急速に増えてきました。

幅広い裾野で全てを支える関係性の土台

頑張れば未来は明るい……から混迷する時代への変化の中、役割を高めるモチベーション

今どきの若者意識の変化に対応する、仕事や課題への意義や目的を共有する階層。

実際に指導・育成する 「 基本となる5つのステップ「 味方となる3つのスキル 、成長を促す 「 G-PDCA 」 は、それらの階層に支えられて本来の機能を発揮する……という構造です。

これは例えるなら、家を建てる時、基礎を作らず柱は立てられない……ことと似ています。

もちろん柱がなければ、屋根を葺くこともできませんよね。

指導・育成も、基礎や土台にあたるもの、柱にあたるものがあり、それぞれの構造なしでは本来の機能を発揮できない……という時代になってきました。

これらは、さながら土台を作ってから柱を立てる、柱を立ててから屋根を葺く……ように、その順序も大切です。

次回から、順に一つひとつ掘り下げていきましょう。

《 コラム一覧はこちら 》《 コラムアーカイブスはこちら 》

←「人材育成-誰が育てる・どう育てる?」前章へ

ページ上部へ戻る