アクトビジョン 人と組織の未来のために

育て上手な人に共通する 「 たった3つのコツ 」

2012-09-10

アクトナビの藤井です。
毎々ご愛読頂きありがとうございます。

人材育成のコツやポイント。

前章 のご案内のように成長の主役は本人 …… である一方で、今日もあちこちの組織では、こんな会話も交わされています。

「 〇〇君の部下は、毎年成長が早いなぁ 」
「 〇〇さんに預ける新人は、毎年一人も辞めずに育っていくね 」

また、もう一方では、

「 〇〇君の部下は、毎年、みんな潰れてしまうなぁ 」
「 〇〇さんに預けると、みんな辞めてしまう…… 」

skill_for_human_resource_02

いわば『 人が育つ上司と潰す上司 』というわけですが、この章では変化する時代の中、

「 人を育てる人がしている、たった3つのコツ 」

について触れておきましょう。

skill_for_human_resource_01

①自己効力感・有能感

②有意味感・必要感

③自己選択感・自己決定感

ここで押さえておきたいのが、時代とともに変化する最近の新入社員特性

いよいよ平成生まれの新入社員たちが、自社の未来を担いだす……という時代の変化の中、上記の3つは、育成ポイントとして特に重要になってきているキーワードです。

育成マネジメントの基本は、組織状態やメンバー特性に合わせた引き出しの多さと対応力。

時代の変化に合わせ、求められる育成マネジメントのスタイルも徐々に変化しています。

自己効力感・有能感 」「 有意味感・必要感 」「 自己選択感・自己決定感 」それぞれについて、次回から順にご案内していきましょう。

《 コラム一覧はこちら 》 ・ 《 コラムアーカイブスはこちら 》

←「人材育成・成長の主役は?」前章へ・次章へ「内発的動機づけ・外発的動機づけ」→

ページ上部へ戻る