アクトビジョン 人と組織の未来のために

募集・採用 ‐ 低予算チャネルを活用する②

2014-02-05

ご案内の 「 低予算でもできる人材採用 」。

「 低コスト 」 ならではの手間暇はかかりますが、どの方法を……ではなく、組み合わせる発想が相乗効果を生み出しています。

今回は、アルバイト・パートさんに特化した事例のご案内。

前回の手法のアルバイト・パートさんへの応用も含め、順にご紹介致しましょう。

recruiting_low_cost_4

事業所やお店の近隣に大学や専門学校があるなら、一度問い合わせてみては如何でしょう。

学校によりますが、生協などにアルバイトの支援コーナーなどの設置があり、問い合わせると意外に丁寧に対応、掲示してくれるところも多いものです。

最近は、専用のWebサイトを開設し、インターネットと連動したシステムを充実させている生協も増えました。

「 ○○大学 アルバイト募集 」 等、近隣学校名とアルバイトのキーワードで検索すると、「 〇〇大学生のアルバイトを募集したい企業等の皆様へ 」 などの案内ページが表示され、詳しい申込み案内や、規定の求人票のダウンロードができる学校もあります。

以前はほとんどの学校が無料で受け付けていましたが、WEBサイトの開設に伴って有料化が進みました。

有料の場合でも数千円程度が多く、野口英世博士は必要ですが、樋口一葉さんまで登場頂くケースは少ないでしょう。

各校により掲示基準や申請手続きは様々。

近隣校からの応募なので、自社のお客様であることも多く、共感性や親和性を具えている、通勤し易い層の採用に繋がる……などのメリットもあります。

recruiting_low_cost_5

前回のご紹介。

「 既存のスタッフさんからの紹介 」 、「 張り紙・募集案内POP・募集カード・ミニ冊子 」 の方も、もちろんアルバイト・パートさんに効果を発揮するチャネルですが、この頁では、アルバイト・パートさんに特化した 「 カムバック制度・ジョブリターン制度 」 の活用事例について触れておきましょう。

離職後も繋がり続けられる関係性創りや、離職時の心を込めた送別会などは前回と共通。

アルバイト・パートさんならでは……と活用されているのが 「 ジョブリターンカード 」 等の発行や 「 フレキシブルジョブ資格 」 の制度化です。

試験や海外留学、妊娠・出産や子育て、旦那さんの一時的な転勤等の理由で離職する際に、「 ジョブリターン資格〇級カード 」 「 フレキシブルジョブ資格カード 」 などを発行し、復職への導線を整える。

正社員と異なり、アルバイト・パートさんの多くは別の企業に応募し直すと昇給前の給与や待遇から……という背景もあり、導入した多くの企業様で高い成果を上げています。

仕事を覚え、日頃の職務実績など 「 一定の基準を満たした方 」 に、昇給後や昇格後の給与や待遇での復職を保証。

「 資格的意味合い 」 も込めて復職への途を整え、即戦力の潜在的応募者として繋がっておくわけです。

企業様の中には募集の際、求人広告を考える前に、まずこのジョブリターン資格者の方々に連絡し、求人広告費を大幅に削減させたケースもあります。

recruiting_low_cost_6

低予算募集のご案内。

紙面の都合で前回は触れられませんでしたが、最後は 「 ハローワーク 」 のご紹介です。

中途採用や正社員募集のイメージが強いハローワークですが、アルバイト・パートさん募集も多数扱っています。

初めて利用する場合は 「 事業所登録 」 、応募者の面接後は 「 採用結果の通知 」 が必要など、多少手間暇はかかりますが、最近はネットからの仮登録などWEB活用の環境も大きく進みました。

「 申請する時期は情報が更新されるピーク直後 」 にする、「 事業内容や仕事内容の記載の仕方を工夫する 」 など、ハローワークならではの応募効果を高める視点も忘れずに。

利用料金はもちろん無料ですし、公的機関という信頼性も安心。

更には、ケースごとでの各種助成金情報など、様々なアドバイスを受けられたというお声も戴いています。

←「募集採用のWEB活用」前章へ次章へ「採用活動を設計する」→

ページ上部へ戻る