アクトビジョン 人と組織の未来のために

同志的結合 と 面接力

2015-05-11

前章 でご案内したファン化・同志化 ( モチベイト )

今回は、お声の多い 同志化 というキーワードについて、少し補足しておきましょう。

『 志を立てて以て万物の源と為す 』 『 志定まれば気盛んなり 』

「 志 」 や 「 同志 」 という言葉から真っ先に浮かぶのは、吉田松陰でしょうか。

松下村塾に集った人材は志を立て志を定め、後に明治維新の礎となっていきます。

松陰の志を最も受け継ぎながら、禁門の変で若くして永遠の眠りについた久坂玄瑞。

面白きこともなき世を面白く……と、奇兵隊を創設した高杉晋作。

新政府で総理大臣を担った伊藤博文、山縣有朋は、七十名を超える塾生のまだ末弟でした。

松陰は塾生たちを決して呼び捨てにせず、誰に対しても 「 ○○さん 」 と敬い、常に盟友、同志として接しました。

そこに育まれた 「 同志的結合 」 。

これこそが、松陰の死後も時を経て、明治維新という新しい日本の誕生を成し遂げさせたのかもしれません。

同志が集うところには、大きなエネルギーと困難を乗り越え成し遂げる不屈性が宿る。

「 同志化 」 というキーワードをご紹介する折、この 「  同志的結合  」 について触れることがあります。

◊ ◊ ◊

 
組織の根本にある 「 人と人との繋がり 」 に目を凝らすと、そこには様々な 「 結合体 」 が見えてきます。

「 同志的結合 」 と対照的なのは、利害関係で繋がる 「 利害的結合 」 でしょうか。

極端なイメージを幕末に見るなら、ピュアで真直な 「 同志的結合 」 の松下村塾に対し、

「 お主も悪よのう~ 」

と、小判が詰められた菓子箱を挟み、悪巧みをする悪代官と悪徳商人。
( 少々極端すぎますが…… )

この一味を退治する代表の水戸黄門ご一行は、「 主従的結合 」 の中にも 「 同志的結合 」 の繋がりが多分にあるように感じます。
( 黄門様は江戸時代初期で、幕末ではありませんが…… )

他にも、封建社会や江戸時代だけではなく、現代の企業や法人の中にも探すことのできる、家族や親戚などの繋がりを中心とした 「 同族的結合 」 で結びついている組織。

利害まではいかないけれど、給与やインセンティブ、昇進や昇格、社名による親族の安心感や世評など、なんらかの利益で結びついている 「 利益的結合 」 の組織。

大学等では 「 同好的結合 」 のサークル活動が活発ですし、もっと根本的な好き、気が合うといった 「 情緒的結合 」 の繋がりは、組織だけでなく子供たちの遊び場でも見られます。

セミナーや研修などでは時折、会場の皆様と一緒に、これらの要素を楽しみながら座標上にプロットしてみることがあります。

doushika_sample

上記は、「 エネルギー・結束力 」 と 「 遂行性・不屈性 」 という視点から、種々プロットされた一例です。

ご参加頂いている皆様の価値観により、これ以外にも様々なプロット例があるわけですが、ここでお伝えしたいのは、様々な結合体の中で同志的結合だけは定位置になるということ。

どんなセミナーや研修でも、同志的結合は必ず最もエネルギーや結束力が高く、最も遂行性・不屈性が高いところに皆様プロットされます。

同志的結合だけが持つピュアなエネルギーと結束力。

為すべきことを成そうという不撓不屈性の高さ。

利害的結合利益的結合の組織では、その利害関係が崩れてしまうと組織のエネルギーが急速に失われてしまう……。

これは、バブル崩壊時やリーマンショックの直後に実際に経験して……というお声も多く寄せられました。

また、企業や法人はその特性上から、情緒的結合同好的結合だけで繋がり続けるわけにもいきません。

所謂仲良し倶楽部では、普く日々の業務が滞ってしまうというお声も多く頂きます。

人材採用の後にある、組織の繋がりとして向かうべき方向。

そのひとつとして、同志的結合は燦然と光り輝いているわけです。

◊ ◊ ◊

「 同志的結合 」 という言葉は、ソフトバンクを創業された孫社長が最近よくお使いになると聞きました。

そのインパクトもあり、この言葉は私の周りだけでなく少しずつ浸透し身近な言葉になりつつあるように感じます。

時代の変わり目は、新しい時代に対応するための言葉が生まれ、やがて身近なものになる。

冒頭の幕末から明治の時代に戻るなら、

「 自由 」 「 社会 」 「 科学 」 「 自然 」 「 権利 」 「 衛生 」 ……

などは、今でこそ身近な言葉ですが、すべて明治時代に生まれた言葉なんだそうです。

←「面接力を高めるコツ5ファン化・同志化 ( モチベイト ) 」前章へ

カテゴリー: 面接力と組織活性
ページ上部へ戻る