アクトビジョン 人と組織の未来のために

面接力UPのコツ5 ファン化・同志化(モチベイト)⑨

2015-04-27

活性化する組織、進化発展する企業創りの入り口……人材採用。

面接選考や募集採用を担う皆様をはじめ、企業経営や組織マネジメントを担う皆様に贈る 「 採用力 」 を高めるためのヒント集。

アクトナビの藤井です。毎々ご愛読頂きありがとうございます。

 
ご案内しているファン化・同志化 ( モチベイト )

前回ご案内の 「 モチベーション3×3 」 の応用。

ここで大切なのが、ベネフィットで語る 」 ということです。

営業やマーケティングの世界では、

セールス・セリングポイント – 売る側からの、売りにしたいポイント

と相対して使われる

ベネフィット・ベネフィティングポイント – お客様の利点、お客様側から見た利用価値

ですが、ここでは、採用したい人材の側に立ち、採用したい方が何を求めているのか……に沿って、より伝わりやすいように語ることを言います。

 
例えば、知識やスキルの向上を重視し、成長やキャリアアップを優先している方。

この方に福利厚生の充実や休暇制度の話ばかりしても、高い意欲には繋がらないでしょう。

同様に、最終的には職場風土やコミュニケーション環境を決め手に……という方に、給与や役職の話ばかりでも、動機はなかなか固まりません。

採用したい人材の、意欲が掻き立てられるポイントはどこなのか。

何を求め、何を重視していて、どの部分で立ち止まっているのか。

ここに沿って伝わりやすいように、「 ベネフィットで語る 」 ことが大切なのです。

 
何を語るかは、以前もご案内した 『 魅力要因 』 『 採用USP 』 抽出のプロセス が役立つでしょう。

これまでも何度かご紹介していますが、この頁でも添付しておきましょう。

saiyoukouhou_07

採用したい人材が、最後に飛び越えたい壁はどこにあるのか。

もう一歩踏み込みたい要因は何なのか。

様々な状況に対して支援できるよう、それぞれの引出しを用意しておくことが大切です。

 
どう語るかのポイントについては、5つほど整理しておきましょう。

① ( 採用したい人材の ) 長所と繋げて語る

前回 の、自己効力感と通じますが、要所要所で採用したい方の長所だと受け取った部分をしっかりと言葉にし、その部分と繋げて語りましょう。 

②短い言葉で語る

熱が入ると、ついだらだらと長く語りがちですが、焦点がぼやけないよう短い言葉で端的に語りましょう。

③イメージしてもらう

場合によっては、直属の上司や同僚になる方々との面談、実際の職場のツアーを挟むなど、よりイメージしやすい演出も良いでしょう。

④具体的に語る

数字やシーン、具体的なエピソードなどを交えることで、よりリアリティを持って意思決定しやすくなります。

⑤化粧をしない

熱意は込めても、実際以上に良く見せようと化粧はしないことです。入社直後の離職率は、ここに原因があることが多いものです。素顔で熱く語る姿こそ、同志化への近道です。

 

面接選考全体を通し大切な要素であるファン化・同志化 ( モチベイト )

変化する時代の中で、面接を担う方も変化することが求められるようになりました。

多様化が進む時代の中、面接を担う方によっては、この要素を発揮するために準備や練習が必要かもしれません。

2020年東京オリンピックを引き寄せた日本招致チームのように、本当に伝えたいからこそ、準備をし、練習もする。

だからこそ、出会いの意味に何らかの命を吹き込めるような面接に……なるのでしょう。

←「面接力と鳥の目・虫の目」前章へ・次章へ「面接力と組織活性」→

ページ上部へ戻る