アクトビジョン 人と組織の未来のために

面接力UPのコツ5 ファン化・同志化(モチベイト)①

2015-03-10

活性化する組織、進化発展する企業創りの入り口……人材採用。

面接選考や採用活動を担う皆様をはじめ、企業経営や組織マネジメントを担う皆様に贈る 「 採用力 」 を高めるための連載コラム。

アクトナビの藤井です。毎々ご愛読頂きありがとうございます。

 
ご案内している 面接力を高める5つのポイント 。

five_points_of_interview

1つめのポイント 歓迎・認知 ( ウエルカム ) 。

2つめのポイント 共感・交流 ( コミュニケーション ) 。

3つめのポイント 取材・観察 ( インタビュー )

4つめのポイント 評価・判断 ( ジャッジ )

これまで、面接選考の流れに沿ってステップごとのポイントを種々ご案内してきましたが、時代の変化に対応した面接には、これらのステップを通しある重要な要素が貫いています。

それが、 5つめのポイントとしてご案内する 「 ファン化・同志化 ( モチベイト ) 」 という要素。

応募者を選考するだけではなく、自社や自組織のファンにする。

採用者を見極めるだけでなく、自社や自組織の同志として、固い絆を結んでゆく。

面接力の真価は、この側面を機能させることで、いよいよ完成されるもの……ともいえるでしょう。

 
以前ご案内 したように、採用環境は劇的に変化してきました。

それに伴い、変化する応募者の特性や行動。

もちろん、採用上で競合する他社の存在も、以前より意識せざるを得なくなっています。

こういった背景への、面接選考の変化への対応。

本来、応募者を選考し見極めることが主な役割だった面接は、「 選ぶための面接 」 だけでなく 「 選ばれるための面接 」 という役割を果たす時代になったわけです。

 
「 採用しない……方も、ファン化なのでしょうか? 」

というお声も時折頂きますが、今、目の前の応募者は、お客様や将来のビジネスパートナーになるかもしれません。

私自身、胸襟を開きあったビジネスパートナーの方から、

「 私、以前リクルートの面接を受けたことがありまして…… 」

と告げられた経験があります。

「 Sさんは、お元気ですか?とても魅力的な方でした…… 」

と、その時の面接担当者の名前が出た場面では、Sさんは良い面接をしてくれていたんだな……と、なんだか感謝の念を覚えたものです。

 
企業や組織を取り巻く物語は、販売や営業の世界だけで語られているのではない。

こうして、採用や面接の世界から語られている物語もあり、それは、紛れもなく面接選考を担う皆様が創りだしているものです。

応募者を見極めるだけでなく、何か縁あって出会った方々との必然に命を吹き込む。

より良い人材の採用だけでなく、未来に繋がる方々と素敵な物語を紡いでゆく。

面接選考を担い、限りない可能性を持った応募者と出会い続ける皆様は、そんな奥深い、素晴らしい役割もお持ちなのです。

《 コラム一覧はこちら 》《 コラムアーカイブスはこちら 》

←「面接力と鳥の目・虫の目」前章へ

ページ上部へ戻る