アクトビジョン 人と組織の未来のために

「面接力」と「印象や好み」②

2015-02-25

活性化する組織、進化発展する企業創りの入り口……人材採用。

企業経営者様や組織マネジメントを担う皆様をはじめ、
人事や面接選考を担う皆様を応援する 『 採用力 』 を高めるための連載コラム。

アクトナビの藤井です。
毎々ご愛読頂きありがとうございます。
 
 
ご案内している 面接力を高める5つのコツ 。

4つめの 評価・判断 ( ジャッジ ) に関わる面接者・評価者が注意するポイント

前回 に続き、面接選考と 「 好み 」 の関係についても触れておきましょう。

 
評価は決して 「 好き嫌い 」 を基に判断してはならない。

どんな評価者訓練やマネジメント研修でも必ず押さえられるポイントです。

以前ご紹介 した 「 好いた目からは…… 」 のように、好き嫌いの感情は評価で最も大切な 「 公平さ 」 を曇らせ、延いては組織に負の連鎖を引き起こす場合まであるほどです。

 
但し、沢山の企業様の募集採用活動に携わっていくと、エントリーマネジメントである面接選考に限っては例外がある……と感じる場面に多々出会うことも確かです。

例えば社長様お一人で組織のマネジメント全てを取り仕切っているようなケース。

創業したばかりの企業様や、組織規模で言えば30名~40名くらいまでの企業様の場合、組織を牽引しトップである社長様が 「 好き 」 だと感じる人材を採用することが、多くのケースで組織の活性化に繋がっているのです。

・組織図で言えば文鎮型と呼ばれる状態であること

・採用したひとり一人と日々直接関われる規模の組織であること

・そして社長様自らが指導育成をはじめとするマネジメント全般を担っていること

……などが前提になりますが、こういった状況の中での採用では、ほとんどの場合、社長様の 「 好み 」 は大いなる力を発揮しています。

『 何か縁あって応募してくれた人に対し、嫌いという感情は幼いし失礼すぎるけれど、好きという感情は大切にしても良いのではないか…… 』

創業間もない社長様や、文鎮型の組織の社長様ほど、そんな想いを口にされます。

自ら面接選考の先頭に立ち、自ら指導育成し、自ら組織マネジメント全般を率先する立場の社長様。

だからこそ、社長様ご自身が 「 育て甲斐 」 を感じられる人材、共に汗を流すことで 「 自らも意欲が掻き立てられる 」 人材を採用することは、組織全体のエネルギーを高めていくというわけです。

 
余談になりますが、時折、これを最近急速に進む脳科学の視点からご紹介することもございます。

皆様は、嫌なことより好きなことをしている時の方が、なんだか疲れにくいと感じたことはございませんか?

同様に、好きな人と一緒にやっていると、なんだかエネルギーが高まるような感覚は如何でしょう?

これは最近、脳科学の視点からその理由が実証されています。

人は、好きなこと、好きなものに触れると、脳内の腹側被蓋野と呼ばれるところからドーパミンをはじめとする脳内物質が放出され、それが、疲れにくくさせる、やる気や集中力を高めるなどの作用を齎すのだそうです。

まさに、好きなことや好きなものは脳内活性化に繋がり、脳内活性化は組織活性化に繋がっていく……というところでしょうか。

 
あくまでも、文鎮型の組織形態のトップであること、ひとり一人と直接関わる立場であること、自らが指導育成をはじめとするマネジメント全般を担っていること……などが前提になりますが、エントリーマネジメントである採用に限っては、「 好き 」 という感情が組織活性化に繋がるケースも、確かにあるというわけです。

《 コラム一覧はこちら 》《 コラムアーカイブスはこちら 》
 
←「面接力UPのコツ4評価・判断」前章へ

ページ上部へ戻る