アクトビジョン 人と組織の未来のために

面接力UPのコツ3 取材・観察(インタビュー)⑥

2014-10-25

組織活性化、最高のチーム創りの入り口……人材採用。
面接担当者様をはじめ、採用を担う皆様に贈る、採用力を高めるためのヒント集。

アクトナビの藤井です。
毎々ご愛読頂きありがとうございます。

 
ここ数回に分けご紹介している 面接力を高める5つのコツ

3つめのコツ 『 取材・観察 ( インタビュー力 ) 』 を支える質問 ・ 傾聴 ・ 感知

「 質問 」 の側面ついて、もう一頁だけご案内しておきましょう。

 
前回 に続いてよく戴くご相談が、質問階層の入り口となる “ 過去の行動の実例 ” の拾い出し方 です。

質問階層を組み立てるにしても、応募者はそれぞれ本当にたくさんのエピソードがあり、その中から、どのエピソードを拾い出すのが最も良いのか……。

 
ここでも最初にお伝えしたいのは、やはり 『 求める人物像 』 に立ち戻ることから……
ということになります。

以前ご案内の 『 経験・能力の領域 ・人物マインドの領域 ・ 物理的条件の領域 』
でそれぞれ抽出された要素。

それらから優先順位を決め、設定した 『 MUST要件・WANT要件 』 という規準。

面接の前に、そういったものひとつひとつに想いを巡らせながら、これから面接をする応募者の事前書類や応募受付シートを読み込んでいく……。

このご案内は、この 取材・観察 ( インタビュー )  の項の 冒頭のコラム でお伝えしたことの繰り返しですが、やはりここに立ち戻るわけです。

 
今回も分かり易く例を挙げてご案内致しましょう。

“ ご説明のための一例 ” ということで、あえて1つに絞ってご案内しますが、

・周りから指示されたことだけでなく、自ら自発的に主体性をもって仕事に取り組める

という人材要件を設定したとしましょう。

一方で、その日、面接予定の方の事前書類を読み込むと、これも一例ですが、

・部活動は吹奏楽部に所属し、部のマネジャーも兼務しています。

・夏休みは数人の友人と自転車で北海道一周の旅をし、2200Kmを走破しました。

・秋は文化祭の実行委員長に立候補し、かつてない盛大な文化祭を実現しました。

という記載があったとします。

さて、皆様が面接担当者や採用担当であったなら、どの体験やエピソードに注目し、どんな質問をしようと考えるでしょうか?

interview_08

この例の場合、質問することで見極めたいのは、自発性や主体性。

人から言われて動くのではなく、応募者の本質が自発的に主体性をもって動くかどうかを見たいのです。

では、そういった点が見えやすい行動の実例はどのエピソードが最適なのか……

この視点がベストな “ 質問階層 ” の入り口を見つけ出します。

この例の場合なら、まずは “ 文化祭の実行委員長に立候補 ” でしょう。

立候補したという事実が、自発的に主体性を発揮している “ 過去の行動の実例 ” が、最も拾い出しやすそうだからです。

 
では次に、『 求める人物像 』 が異なる場合です。

これもあくまでも一例ですが、設定した人材要件が

・周りの人たちに関心をもって、チームワークや一体感を大切に仕事に取り組める

であったらどうでしょう。

この場合は、注目する体験やエピソードが一転してきます。

まっ先に目が向くのは “ 部活動のマネジャー ” “ 数人の友人と北海道一周 ” でしょう。

周りの人への関心やチームワーク、一体感を大切にするという点では、こちらの方が見ていきやすいエピソードです。

 
このように、応募者から得られるたくさんのエピソードの中から、どの “ 行動の実例 ” に注目し、どのエピソード沿って掘り下げるか……を考える時、『 求める人物像 』 は、とても大切な役割を果たします。

 
更に 『 求める人物像 』 は、同じ体験に注目し同じエピソードを掘り下げる場合でも、“ 質問階層 ” の組み立て方を変化させる……ということも多々やってのけます。

例えば、設定した人材要件がまた別の、

・既存のやり方や考え方に捕らわれず、柔軟で新しい発想ができる

であったとしましょう。

この場合も、人材要件が自発性や主体性の場合と同じ “ 文化祭の実行委員長 ” に注目するでしょう。

けれど、今度は、この後に続く “ 質問階層 ” の組み立て方が異なってきます。

“ 立候補したこと ” ではなく、“ これまでにない文化祭を実現したこと ” を中心に様々な質問階層が形成されていくことでしょう。

 
面接でのインタビューを深め、応募者をより理解するための質問階層。

応募者のどの部分を見極め、応募者のどんな本質を理解したいのか……は、その入り口だけでなく、組み立て方まで変化させる重要な要素というわけです。

←「面接力UPのコツ2共感・交流」前章へ ・ 続きへ「面接力UPのコツ3 取材・観察P3」→

ページ上部へ戻る