アクトビジョン 人と組織の未来のために

面接力UPのコツ3 取材・観察(インタビュー)①

2014-09-25

組織活性化、最高のチーム創りの入り口である人材採用。

募集採用活動を担う皆様をはじめ、組織の進化・発展を想う全ての皆様に贈る 「 採用力 」 を高めるためのヒント集。

アクトナビの藤井です。
毎々ご愛読頂きありがとうございます。

 
ご案内している 面接力を高める5つのコツ

five_points_of_interview

1つめのコツ、歓迎・認知 ( ウエルカム )

2つめのコツ、共感・交流 ( コミュニケーション )

これまでのご案内で応募者の緊張もほぐれ、互いに打ち解けた雰囲気の中で会話が弾んできたら、いよいよ3つめのポイント 『 取材・観察力 ( インタビュー力 ) 』 の登場です。

面接という限られた時間の中で応募者を理解し、この後の 『 評価・判断 ( ジャッジ ) 』 のための情報や材料を集めていく……。

面接と聞くと、たくさんの方が真っ先にイメージするのがこの場面であるように、面接の中で最も多くの時間を費やす、面接の中核となる段階です。

この段階で、面接担当者として大切になる機能が、質問・傾聴・感知という3つの側面。

interview_00

応募者にどんなことをどう質問するのか。
応募者の言葉やメッセージをどう聴くのか。
そして、応募者のどんな点から何を感じ知るのか……。

取材・観察 ( インタビュー ) の場面では、この3つの機能をしっかり果たせる方こそ、より良い面接担当者だと言えるでしょう。

ここは面接の中核でもあり、大切なところ。
少し頁を割いて、順にご案内致しましょう。

 
まずひとつめの 「 質問 」 の側面についてです。

面接で、どんな質問をすれば応募者を理解できるのか。
どんなことを、どう質問すればより良い面接になるのか。

研修やセミナーなどでも、面接を担う多くの方々が関心を示されるところです。 

ここで最も大切なのが、実はこれまでも繰返しご案内してきた 『 求める人物像 』 です。

面接選考……とりわけ 『 取材・観察 ( インタビュー ) 』 の段階、そして、この後の 『 評価・判断 ( ジャッジ ) 』 の段階では、事前に抽出し設定した 『 求める人物像 』 が、とても大きな役割を果たします。

応募者のどんな点を見て、何を理解すれば良いのか。
間違いない 『 評価・判断 ( ジャッジ ) 』 のために、どんな材料を集めるのか。

それは、抽出し設定した 『 求める人物像 』 の先にこそある……というわけです。
 
 
各企業様で “ 新しく面接を担うことになった方 ” 向けのリクルーター研修を行うと、

「 面接では、どんな質問をすれば良いのでしょう? 」

「 良い応募者を見極めるには、どんなポイントがありますか? 」

「 ダメな応募者を見極めるコツは? 」

といったご質問を頂くことがあります。

 そして時には、

良い応募者、ダメな応募者を見極める 『 魔法のようなたった一つの質問 』

を、あちこち探し回るような状況に出会うこともあります。

 
しかし、それは 『 チルチル・ミチルの幸せの青い鳥 』 のようなもの。

メーテルリンクが示したように、もともと探しものは自分達の一番近くにあるものです。

面接でのより良い質問や応募者を見極めるポイント。

それは自社や自組織の中、採用活動を担う皆様の中……にこそあるもので、どこかに探しにいって見つけてくるものではありません。

そういう意味では、例えば 『 企画営業職の募集 』 でもないのに、

「 この100円のボールペンを、私に1000円で売ってみてください 」

といった、その採用活動の 『 求める人物像 』 から掛け離れてしまっている質問。

または、熟練の面接担当者でも使いこなすのは難しい

「 あなたを〇〇に例えると? 」

「 今10億円あったらどうしますか? 」

などの一見奥が深そうだけれど、明確な趣旨を持っていないと意味を成さない質問。

こういった質問をどこかで聞いて、その採用の 『 求める人物像 』 と照らし合わせず、自社の面接でそのまま使っていらっしゃる方は要注意です。

 
質問の事前準備をするなら、まず立ち戻るのはその採用の 『 求める人物像 』 です。

以前ご案内 

・経験・能力の領域 ‐ 知識、スキル、経験・専門性
・人物マインドの領域 ‐ 態度・姿勢、志向・価値観、地頭・エネルギー 
・物理的条件の領域 ‐ 年齢、性別、学歴、属性、通勤、給与や処遇の適合

でそれぞれ抽出された要素。

それらを掘り下げ優先順位を決め、じっくり設定した

・MUST要件
・WANT要件

という具体的に言語化された人材要件。

面接前に、そういったものひとつひとつに想いを巡らせながら、応募受付シートや事前書類を読み込んでいく……。

面接で応募者を見極めるより良い質問は、そこからこそ湧き出てくるものです。

←「面接力UPのコツ2 共感・交流(コミュニケーション)」前章へ

ページ上部へ戻る