アクトビジョン 人と組織の未来のために

面接力UPのコツ2 共感・交流(コミュニケーション)①

2014-09-10

組織活性化、最高のチーム創りの入り口である募集・採用活動。

面接力を向上させたい面接担当者様をはじめ、人材採用を担う皆様を応援する
『 採用力 』 を高めるためのヒント集。

アクトナビの藤井です。
毎々ご愛読頂きありがとうございます。

ご案内している 面接力を高める5つのコツ

five_points_of_interview

歓迎・認知力 (ウエルカム力) を発揮して応募者の緊張を解きほぐし、リラックスした心地良い雰囲気の中で面接への “ 心の前傾姿勢 ” を高めたら、次は、『 共感・交流力 ( コミュニケーション力 ) 』 の出番です。

面接という限られた時間の中、応募者の人となりを知り、応募者に自社や自組織を深く知ってもらいながら、自社への意欲を高めていく。

そのためには、如何に早い段階で会話を弾ませ、如何に密接な関係性を築き、如何に密度の濃いやりとりをするか……が大切なポイントになってきます。

interview_and_screening_01

人と人とが出会い、共感・交流の中で深い関係性を築く。

この要素は、単にこの後の取材・観察 ( インタビュー ) に入りやすくしたり、応募者の本当の姿を引き出し易くなる……だけではない、重要な役割をも担っています。

たくさんの企業様の採用に携わる中、「 辞退率の低い面接、定着率の高い面接 」 を辿っていくと、その多くが、面接担当者をはじめとする 『 人との出会い 』 『 人との交流 』 が応募者の心に深く刻まれている面接……であることに気づきます。

面接が、応募者と面接担当者の人間関係創りの場にもなっている。

真の意味で面接力を高めるためには、取材・観察し応募者を見極めるという側面だけではなく、親密な関係性を築き、応募者の心に深く残るという側面も磨くことが大切なのです。

これは更に、後程ご案内する 『 ファン化・同志化 ( モチベイト ) 』 にも繋がっていて、応募者の心を自社や自店に惹きつけ、入社への意欲を高めるというところにも貢献します。

 
ここでご紹介しておきたいのが 『 ラポール 』 です。

心理学用語として浸透し、最近では営業や接客、マネジメントの世界でも広く活用されているので、ご経験のある方にはお馴染みかもしれません。

もともとはフランス語で “ 関係 ” という意味を持つ言葉ですが、ここでは人と人とが互いに親密で打ち解けた関係を築き、心と心の深いところにベルトが掛かる状態のことをいいます。
 

親密な、心と心が通い合う状態。

互いに心の扉を開いた、和やかで打ち解けた状態。

面接力を高める第2のコツは、応募者の心の扉を開き、まさにこの 『 ラポール 』 を築くところから始まるわけです。

 
えっ……心のベルト? ……心の扉? ……どうすれば?

そう思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、ご安心下さい。

前回のご案内迄の過程で、既にラポールは少なからず築かれ始めているはずです。

特に 前回の 『 歓迎・認知 ( ウエルカム )  』 の項 で触れたポイント

・柔らかな笑顔

・会話の中に名前を鏤める

・温かい態度、明るい雰囲気

・しっかりと応募者の顔や目を見て話す

・応募者を尊重する

・好意を示す

・気遣う

・礼儀正しく、敬意をもって話す

などは、ラポールを築く土台にもあたるもの。

実はこれらのポイントは、応募者の緊張を解き、面接への心の前傾姿勢を高めるだけでなく、『 共感・交流 ( コミュニケーション ) 』 段階への布石の役割……も果たしています。

 
もう一方で、面接力の高い方々は、揃って 『 鏡の法則 』 という言葉を口にされています。

応募者の状態は、面接を担う自分自身の状態の鏡のようなもの。

自分が緊張していると、応募者にもその緊張が伝わって緊張しあう面接になる。

自分から心の扉を開くと、応募者も扉を開き、深いラポールの中で面接ができる。

面接を担う自分自身がまず身構えず扉を開くことで、応募者も心の扉を開き、深い共感・交流 ( コミュニケーション ) が生まれていくのです。

 
では、更にラポールを深め、親密な関係性を築くための、より具体的なポイントは?

次回も含め、共感・交流 ( コミュニケーション )  については、もう2回ほどご案内していきましょう。 

《 コラム一覧はこちら 》《 コラムアーカイブスはこちら 》

←「面接力UPのコツ1 歓迎・認知(ウエルカム)」前章へ

ページ上部へ戻る