アクトビジョン 人と組織の未来のために

面接力UPのコツ1 歓迎・認知(ウエルカム)①

2014-08-29

組織活性化、最高のチーム創りの入り口である人材採用。
募集採用活動を進化・発展させる、「 集める 」 視界に続く 「 つかむ 」 視界。

アクトナビの藤井です。
毎々ご愛読頂きありがとうございます。

応募受付のコツ に続き、ご案内している 面接力を高める5つのコツ 。

その1つめのポイント、歓迎・認知する力 ( ウエルカム力 ) についてご案内致しましょう。

「 面接 」 において、応募者が受け取る最初の印象は、とても大切なものです。

どんなに優秀な人材でも、歓迎されていないと感じる場や、自分のことをなおざりにする場では、面接に向かう心の前傾姿勢は、なかなか維持しきれないもの。

この要素は、面接に訪れた応募者が最初に受け取る印象を決め、面接に対する心の前傾姿勢を高めたり、延いては入社意欲を押し上げたりする、重要な役割を果たしています。

「 溢れる情報の中から自社を選び、応募して来てくれたこと 」 に対し、どれだけ両手を広げ、応募者を迎えられているか。

未来の仲間、将来の同志になるかもしれない応募者に対し、大きな人生を歩む独りの人間として真摯に向き合い、その存在を認められているか。

以前ご案内した 『 応募受付の3S 』Stance ( スタンス ) にも通じていますが、面接においても、まず高めたいのがこのポイントです。

 
セミナー等でこの題材まで進んでくると、会場の皆様に静かに目を閉じて戴きながら、時折こんな質問をすることがあります。

「 これまで皆様が受けた歓迎で、最も印象深いお出迎え、心に残った応対……
   皆様ご自身が思い出すそんなシーンを、想い返しイメージしてみてください  」
 
この質問は、毎回、本当に様々なシーンをお応え頂きます。

ある方は、ハレの日に訪れた高級レストランを思い返したと仰いました。

ある方は、ちょっと奮発した家族旅行で泊まった宿の話を紹介して頂きました。

東京の会場では、あの夢のテーマパークの思い出を熱く語られた方もいらっしゃいました。

ひとしきりご紹介戴いた後で、次の質問を続けます。

「そのとき、どんな印象を受け、どんな気持ちになりましたか…… 」

レストランを思い返した方は、初めて行く高級なお店なのでちょっと緊張していたが、緊張がほぐれ、リラックスでき、なんだかわくわくした……とお応え頂きました。

奮発した家族旅行の方は、長旅で疲れ、少し気分が落ち込んでいたが、疲れが吹っ飛び、明るく晴れやかで心地良い気持ちになれた……と仰いました。

そして、夢のテーマパークの思い出を語られた方は、とにかく別世界にいるようで感動して……と一言。

・緊張がほぐれる

・リラックスする

・わくわくする

・明るい気持ちになる

・心地良い気持ちになる

・感動する……

実は面接の場においても、訪れてくれた応募者に最初に受け取って戴きたいのは、まさにこういった感覚。

面接力を高める第1のコツは、応募者の緊張を解き、リラックスした雰囲気を作り、面接に対して心の前傾姿勢を高める……ところから始めるわけです。

 
では、そうするためには、具体的にどうしたら良いのでしょう。

そこで、3つめ、最後の質問です。

「 そんな印象を受け、そんな気持ちになったのは、
 その歓迎やお出迎えの、どんな点からでしょうか? 」

ここではできるだけたくさん抽出したいので、少し時間を取って、思いつく限りメモをして頂きます。

皆様、心地良さを思い出すのか、くすっと微笑まれたり、顔をほころばせたりしながら、それはそれはたくさんのポイントを出して頂きます。

そして、それらを列挙し、整理し、グルーピングしたりしながら、それぞれの組織での 歓迎・認知 ( ウエルカム ) 力 を高めるための具体策作りへと続けていくわけです。

 
次回は、これまで出して戴いた幾つかのポイントもご紹介しながら、具体策の一例をご案内していきましょう。

《 コラム一覧はこちら 》《 コラムアーカイブスはこちら 》

←「面接力UPの5つのコツ」前章へ

ページ上部へ戻る