アクトビジョン 人と組織の未来のために

応募受付は『ありがとう』からはじめる

2014-08-11

アクトナビの藤井です。
毎々ご愛読頂きありがとうございます。

募集採用活動の中で、面接率と定着率を高める応募受付のコツ

『 応募受付の準備 』 『 応募受付の3S 』 ……と3回ほどご案内してきましたが、今回と次回の2回に分け、『 応募者応対マニュアル 』 から抜粋して、もう少し具体的なご案内をしておきましょう。

応募受付は『ありがとう』からはじめる

ネットやWEB、履歴書郵送による応募でも、電話でのやりとりは大きな役割を果たしますので、実際に受付場面の多い電話での応対を想定しご案内致します。

応募受付の応対では、

 □受付

 □ヒアリング

 □面接日時の調整

 □面接場所の案内

 □質問などへの応対

 □モチベイト

など幾つものプロセスを短い時間で行いながら、応募者により良い印象を持って戴き、面接が楽しみになるよう、自社への意欲を高めることも意識しなければなりません。

この時、ほんのちょっとした工夫やコツを活用して戴くとより有効なのですが、順にご紹介していきましょう。
 

◎ 電話に出る

電話のとり方については、それぞれ徹底しているものがあるかと思います。

・コールが鳴ったら2回以内で出る

・ビジネス電話は 「 もしもし…… 」 は避ける

・自社名だけでなく、部署名や自分の名前を名のる

等は、共通して押さえておきたい基本でしょうか。

→  『 お電話ありがとうございます。株式会社△△、〇〇が承ります 』
 

 
◎受付をし、感謝と歓迎の気持ちを伝える

求人募集に対する応募であることや、名前や媒体などを確認したら、まず応募者に感謝と歓迎の気持ちを伝えましょう。

この時、活用したい2つのスキルがありますので、ご紹介しておきます。

①名前のスキル

名前はその人にとって最も心地よい言葉だと言われます。
名前を呼びかけながらの応対は、相手に 『 自己承認感 』 を生み出します。
応募者の名前を戴いたら、応募者の名前を応対の中に鏤めてみましょう。
これは、確認の意味も含め、受付ミスも防ぐことができます。

②復唱のスキル

応募者が伝えたことを復唱して、後に感謝の言葉を添えます。
復唱は、応募者に 『 自己肯定感 』 『 安心感 』 を生み出します。
これも、確認の意味も含め、受付ミスを防ぐことにもなります。

→  『 ◇◇を見てご応募戴いた〇〇さんですね。ご応募ありがとうございます 』
 
 
前回、素敵な物語は “ ありがとう ” からはじまる……という話をご紹介しましたが、応募の応対は、ぜひ 「 ありがとうございます 」 から始め、その募集採用活動から、より素敵な物語を創り出したいものです。

《 コラム一覧はこちら 》《 コラムアーカイブスはこちら 》

募集・採用 応募受付のコツ」前章へ次章へ面接力UPの5つのコツ

ページ上部へ戻る