アクトビジョン 人と組織の未来のために

面接率と定着率を高める応募受付のコツ②

2014-07-25

アクトナビの藤井です。
毎々ご愛読頂きありがとうございます。

組織活性、最高のチーム創りの入り口である 「 募集・採用活動 」 についての視界。
どう 『 集める 』 か……に続く、どう 『 つかむ 』 か。

面接率と定着率を高める 『 応募受付のコツ 』 について、ご案内を続けましょう 。
 

前回 のご案内で「 応募受付の準備 」を整えたら、次は実際の応募者にどう応対し、確実に面接のセッティングをするか……です。

この時、応募受付にあたり大切にして戴きたいのが、応募受付の3Sとしてご紹介している3つのポイントSpeed ( スピード ) Smooth ( スムーズ )Stance ( スタンス ) になります。

応募受付 3つの「S」 ①スピード! ( Speed!)②スムーズ‼ ( Smiith‼)③スタンス!!! ( Stance!!! ) 図

応募受付で、1つ目に心掛けたいのが 『 スピード ( Speed ) 』 です。

応募に対する面接のセッティングまでのスピードは、面接率に大きく影響します。

以前ご案内 したように、たくさんの情報・チャネル・手段に溢れて、手軽に・広く・数多く応募できる時代。

少し極端に言うなら、

「 担当者が席を外しているのでこちらからご連絡を…… 」

という対応をしている間に、もう他社では面接がセッティングされているかもしれません。

実際に戴くお話でも、担当者が出張で2日ほどたって連絡をしたら、

「 大変申し訳ありません。他のところで採用が決まり…… 」

という返事……など、スピードの大切さを物語る例は枚挙に遑がありません。

特に優秀な人材ほど、他の企業やお店もスピード感をもって採用しようとしているもの。

電話での応募の場合は、一度の応対で面接に誘導するのが基本。

最近増えているWeb応募は、いつも持ち歩いている携帯やスマホへの「 自動転送設定 」で応募受付のリアルタイム化をお勧めしています。

また、毎回多くの応募がある場合に活用されている履歴書郵送によるものも、スピード感をもって迅速に対応しましょう。

 
2つ目に心掛けたいのが 『 スムーズ ( Smooth ) 』 であることです。

詳しくはこの先でご案内していきますが、応募者の応対は、

□受付
□ ヒアリング
□面接日時の調整
□面接場所の案内
□質問への応対

など、幾つものプロセスを短い時間に行わなければなりません。

いつもの例えでご案内するなら、受付応対にもギアチェンジが必要なのです。

これを最新のトランスミッションのようにスムーズに切り替えながら、如何に

 □応募者の心を惹きつけ
□ 自社への意欲を高める

 かも大切なポイントになる時代。

ぎくしゃくしたり、エンストしてしまっては、応募者に不安を感じさせてしまいます。

皆様も経験がないでしょうか?

ハレの日に、たまには奮発して……と予約するレストランやホテル。

気合を入れて電話をしたのに、なんだか対応がたどたどしく感じてしまったり、会話がぎくしゃくしたり、不安を感じてしまう対応だった場合……。

それが大切な日であればあるほど、そして気合が入っていればいるほど、その不安は “ 別のお店探し ” へと視界を広げさせてしまいます。

これは、応募者も同じです。

本気で働きたい、ここで働くことで成長したい……そう強く思っている応募者ほど、対応への不安は別の企業へ視界を移させ、面接辞退を招いてしまうものです。

受付応対の適切さは、自社の仕事レベルを応募者に伝える要素でもあります。

しっかりと事前準備をして、スムーズに応対できるようにしておきましょう。
 

そして最後、3つめの “ S ” が、 『 スタンス ( Stance ) 』 です。

その応対の根元に、どんなスタンスがあるのか。
どんなスタンスで応募受付をしているのか。

これまで本当にたくさんの企業様の募集・採用活動のお手伝いをさせて戴いてきましたが、採用力が高いだけでなく、業績も好調、そして、職場のひとり一人が活き活きしている……といった企業様の受付応対には、共通するスタンスがあることに気づきます。

たくさんの溢れる情報の中から自社や自店舗を見つけて頂いたということに対し、「 感謝 」 の想いを抱いている。

そして、応募頂いたということに対し、心から 「 歓迎 」 の想いで迎えている。

応募者を大きな人生を歩むひとりの人間として 「 認知・承認 」 し、あくまでも対等な立場であることを前提として 「 敬意 」 をもって応対している。

だからこそ、そういった企業様の受付応対は、本当に自然な形の 「 礼儀 」 や 「 マナー 」 に溢れているのでしょう。

それは、応募者はお客様でもあるとか、応募者は情報の送り手でもあるといったか視界とは全く別のところからの自然な 「 礼儀 」 や 「 マナー 」 。

もはや、 「 面接してやる 」 、 「 採用してやる 」 というスタンスは、完全な赤信号の時代です。

「 感謝 」 、「 歓迎 」 、「 認知 」 、「 承認 」、 「 敬意 」 ……。
そこから生まれる 「 礼儀 」 、「 マナー 」 ……。

応募受付では、ぜひそんなスタンスを大切にしながら応対していきましょう。

《 コラム一覧はこちら 》《 コラムアーカイブスはこちら 》

←「変化する時代の面接・選考」前章へ

ページ上部へ戻る