アクトビジョン 人と組織の未来のために

変化する時代の受付・面接・選考②

2014-07-15

共に働くかけがえのない仲間と、この大切な組織を、発展・活性化させたい……。
そんな熱い想いの皆様を応援する、組織活性化のヒント集。

アクトナビの藤井です。
毎々ご愛読頂きありがとうございます。

 
前回 ご案内した、時代の変化と変わりゆく応募行動。

変化する時代に対応し、応募受付・面接・選考のポイントも少しずつ変化してきました。

変わる時代 変わる面接・選考①応募者の高い意欲を前提とした面接・選考→応募者の意欲を高める面接・選考②競合他社を意識せず採用活動→競合他社も意識した採用活動③選ぶための面接・選考→選ばれるための面接・選考④見極める場→同志・ファンにする場

まず、面接・選考の 「 選考する 」 「 見極める 」 という本来の機能に加え、ここ数年重要になってきたのが、

「 自社への入社意欲を高める 」 「 心を惹きつける 」

という機能です。

応募してきた方を面接しながら、自社への意欲を高め心を惹きつける……とはなんとも妙な話ですが、視野を広げ 「 広く・数多く・手軽に応募している 」という背景が見えてくると、話は変わってくるでしょう。

この意味では、情報が少ない時代は意識せずとも良かった 「 採用活動で競合する他社 」 も、溢れるチャネルやたくさんの手段の中で、意識せざるを得ない時代になった……ことも押さえておきたい変化です。

『 応募しておきながら入社意欲が高くはない? そんな応募者は採用しないよ…… 』

といったお声も聞こえてきそうですが、採用環境の大きな変化の中、それでは優秀な人材を逃してしまう時代になりつつあるのが現状です。

『 変化に対応 』 した競合他社は、同じ状況でも優秀な人材ほど 「 自社への意欲を高め 」 「 応募者の心を惹きつける 」 機能を発揮し着実に採用を進めています。

広く手軽な応募行動を取るからと、「 仕事を進める能力 」 や 「 仕事に向かう意欲 」自体が低いわけではない……ことを既に良く知っているのです。

広く、手軽に応募しているのは、時代の変化の中で形成された応募特性のひとつ。

まずは 「 溢れる情報の中から自社を選び、応募してくれたこと 」 に目を向け、両手を広げて迎えるのが、『 変化への対応 』 です。

時代は 「 応募者から採用者を選ぶ 」 だけの面接・選考から、「 応募者に選ばれる 」 ことも視界に入れた面接・選考へ。

以前ご案内したチェックリスト の項目には、

□ようこそPOP

 □ウェルカムカード

 □丁寧な挨拶

 □応募への感謝・お礼

□面接にお越し頂き歓迎の意

□まず面接担当者から自己紹介

などをはじめ、このポイントに因るものも沢山抜粋していますので、再度ご確認戴ければ幸いです。

←「募集・採用と“つかむ”視界」前章へ次章へ「募集・採用 応募受付のコツ」→

ページ上部へ戻る