アクトビジョン 人と組織の未来のために

求人広告・採用パンフ‐掲載メンバーが育つわけ②

2014-05-30

共に働くかけがえのない仲間と、この大切な組織をもっと進化・発展させたい。
そんな熱い想いの皆様を応援する連載コラム。

アクトナビの藤井です。
毎々ご愛読頂きありがとうございます。

 
前回の事例 について、もうひとつ付け加えておきましょう。

それは、募集案内や採用パンフレットを制作編集する制作プロダクション、求人広告を制作する広告代理店の 『 取材 』 や 『 インタビュー 』 による効果です。

この 『 取材 』 や 『 インタビュー 』 …… 少しの工夫で、前回のご案内は更に相乗効果を生み出しています。

 
募集案内や採用パンフレット、求人広告の制作にあたっては、当然、事前に綿密な 『 取材 』 や 『 インタビュー 』 が行われます。

場合によっては場所を変え撮影スタジオで行われることもありますし、複数の制作編集者たちがインタビュー形式で行うこともあるでしょう。

パンフレットや広告にご登場いただくメンバー、掲載されるメンバー達にとって、これはなかなか出会えない刺激であり、大きな経験です。

会社やお店を代表してパンフレットや広告に登場。
更に外部の、しかもカメラマンや編集制作者の取材やインタビューを受けるのですから、その対話は、前回ご紹介した 『 マインド 』 を更に鮮烈に刺激するというわけです。

それなら、ただプロフィールを聞き、写真撮影をして終わらせるのでははなく、『 採用活動を共有する 』 効果も 『 取材 』 や 『 インタビュー 』 の内容で狙ってみる。

最近では、このあたりのことを心得ているプロダクションや代理店も増えていて、品質の良いパンフレットや、効果の高い求人広告を作るという目的だけではなく、組織活性や人材開発の目的を副題にして企画・提案するところにも出会います。

制作するモノが募集・採用のための会社パンフレットだったり求人広告なのですから、企業やお店への深い洞察や緻密な分析は前提条件。
その土台があっての、『 取材 』 や 『 インタビュー 』 でのひと工夫というわけです。

これまでご案内してきた 『 採用力 』 分析に始まり、強みや弱み、現状と課題。

理念やビジョン、戦略や実行計画などの経営階層に始まって、社風や組織文化、制度やしくみ、ノウハウやコアコンピタンス、創業からのステージやギアの変遷。

そして、今回の募集・採用はどんな意味を持っていて、求める人物像は……。

こうしたことを踏まえて、意図を持った 『 取材 』 や 『 インタビュー 』 を行ってもらう。

ただプロフィールや仕事内容を聞いて写真撮影……という時間とは、大きな差です。

コツは 「 予習 ・ 本番 ・ 復習 」 の3ステップを踏む感覚。
そして、プロダクションや代理店の担当者との事前の打ち合わせ……の2つです。

「 予習 ・ 本番 ・ 復習 」 の3ステップのためには、前回ご案内したような時間を 『 取材 』 や 『 インタビュー 』 の前後にそれぞれ設けることが大切です。

掲載されるメンバーにとっては、なかなか得られない貴重な経験。「 本番 」 である 『 取材 』 を、より実りある機会にして、とことん味わい尽くしてもらいましょう。

ただ紹介させてね……取材受けといてね……では、メンバーにとっての大きな経験、機会を粗末にしすぎです。

また、『 取材 』 や 『 インタビュー 』 も、プロダクションや代理店に任せっきりにせず、事前に打ち合わせの時間をとり、シナリオを共有しておくことをお勧めします。

こんなことを聞いて欲しい、こんな想いを伝えたい、こんな部分を引き出したい、特にこの点を共有したい……。

メンバーにとってなかなか出会えない刺激的な時間、大きな経験。

長期的な育成視点に立って、より意味あるものにしてみては如何でしょうか。

←「採用活動を共有する」前章へ次章へ「採用活動と理念やビジョン」→

ページ上部へ戻る