アクトビジョン 人と組織の未来のために

「経営階層の連鎖」と「組織の活性化」

2014-05-10

人の成長。組織の活性化。

共に働くかけがえのない仲間と、大切なチームを活き活きと進化発展させたい。
そんな熱い想いの皆様を、心から応援する連載コラム。

アクトナビの藤井です。
毎々ご愛読頂きありがとうございます。

 
前回 のご案内。
 
なぜ、『 採用活動を共有 』 していく過程でこんな現象が起こったのでしょう?

それは、何度も重ね続けたミーティングの中で繰り返し使われた 「フレーム」 ……どうやら、この中にポイントがあったようです。

ミーティングで使われた 「 フレーム 」 の中は、当然これまで繰り返しご案内してきた 『 採用目的 』『 採用目標 』 、 『 採用設計 』 等の要素がぎっしりと詰っています。

そしてこれらの要素。

flow_0116

そこでは、これまでご案内してきたように、自社や自組織の 『 理念 』『 ビジョン 』『 戦略 』『 実行計画 』 などが、とても大切な役割を果たしてもいます。

つまり、『 採用活動を共有する 』 ミーティングを重ね続ける過程は、自社や自組織の

『 理念 』 や 『 ビジョン 』 、『 戦略 』 や 『 実行計画 』 などを、
図らずも自然にすり合わせ、浸透し続けていくこと

でもあった……というわけです。

理念やビジョンや、それを実現するための戦略といった全社方針。

実行計画や、その推進度合いを現す業績や数字。

では自分たちは、どんなお客様にどんな価値をどう提供するのかという顧客価値。

いざ真正面から向き合うと、場合によっては畏まってしまうこともあるこれらの視点も、『 我がこと(ワガコト)採用 』 の組織風土を醸成し、身近な話題からミーティングを始め、新しい仲間という異なる角度から入っていくと断然浸透し易くなっていきます。

せっかく 『 採用活動を共有する 』 のなら、ここを踏まえ工夫して進める。

その実りは一粒万倍になり返ってきます。

 
このときのコツは、年次や役割を考え、メンバーによってそれぞれ 「 翻訳した言葉 」 で、すり合わせていくことです。

『 理念 』 という言葉が硬ければ、自分達は何のためにがんばっているのか

『 ビジョン 』 が難しければ、自分達はどこへ向かってがんばっているのか

同様に、『 戦略 』 や 『 実行計画 』 は、例えば、

どんなお客様に、どんな価値を、どうやって提供してゆくのか

では具体的に、どんな目標を、いつまでに、どんな計画で成し遂げるのか

より吸収しやすい言葉に翻訳し、理解だけでなく、納得を超え、共感し、ウズウズしてくるのを目指していく。

こうなると、ひとり一人のマインドは変わっていきます。

そして、マインドが変われば考え方が変わり、考え方が変われば、知識やスキルを伴って、日々の行動が変わっていきます。

自分達は、何のためにがんばっているのか
自分達は、どこへ向かってがんばっているのか

それは、「 がんばること 」 と 「 やりがいや充実感 」 を強烈に結び付けます。

自分達はどんなお客様に、どんな価値を、どうやって提供するのか

それは、日々の仕事に魂を吹き込み、仕事の質を本物にしていきます。

自分達はどんな目標を、いつまでに、どんな計画で成し遂げるのか

それは、期限と成果を意識させながら、仕事に真摯さと熱意を吹き込み、より良いやり方を求めさせます。

前回のご案内で 『 ひとり一人の行動レベルが自然に上がっていってね…… 』 と言わしめた背景では、実はこんな 『 化学反応 』 が起こっていたのです。

※関連項 : 「 経営階層の連鎖 」 はこちら

《 コラム一覧はこちら 》《 コラムアーカイブスはこちら 》

←「採用活動を共有する」前章へ

ページ上部へ戻る