アクトビジョン 人と組織の未来のために

「化学反応」と「経営階層の連鎖」

2014-04-25

成長する人たち。活性化する組織。

共に働くかけがえのない仲間と、この大切なチームをもっと成長・発展させたい。
そんな熱い想いの皆様を、心から応援するヒント集。

アクトナビの藤井です。毎々ご愛読頂きありがとうございます。

 
前回 ご紹介した事例。

日々の業務やマネジメントを介するだけでなく、採用活動を共有することで、ひとり一人の行動レベルが上がり、組織が活性化する。

そこで起こった嬉しい化学反応とは?

その化学反応の背景にあるものとは?

この事例については、大きく 「 2つのポイント 」 をご案内したいのですが、まずは1つめのポイントを掘り下げていきましょう。

 
1つめのポイントは、以前ご案内した 『 経営階層の連鎖 』 と関係していました。

すなわち、採用活動を共有するミーティングを重ねる中で、

理念やビジョン、戦略といった階層への理解・納得・共感度が向上し、それ故に、行動が変わった。

理念やビジョン、戦略を実現するための実行計画が浸透し、それ故に、業績や数字への関心が高まり、業績にかかわる姿勢が積極的になった。

自分達がお客様に提供するべき価値、提供したい価値の本当の姿が浸透し、それ故に、お客様への応対が変わった。

という 『 経営階層の連鎖 』 への新しい芽が生まれていたのです。

ここでお気づきかと思いますが、上記はまさに この項の冒頭 「 こんなお悩みは…… 」 と挙げたこと の前半部分にあたるもの。

採用活動の共有をテーマにミーティングを重ねることで 『 経営階層の連鎖 』 が芽生え、

『 もっと全社の方針を理解して動いてくれたら…… 』

『 もっと組織の業績や数字にも関心を持ってくれたら…… 』

『 もっと〇〇な応対で、お客様に向かい合ってくれたら…… 』

といったお悩みが、日々の業務やマネジメントを介する側面からでなく、誰からということもなく自然な形で大きく改善されたわけです。

 
では、ミーティングを重ねることで、なぜこうした現象が起こるのか?

次回は、その背景をご案内致しましょう。

《 コラム一覧はこちら 》《 コラムアーカイブスはこちら》

←「採用活動を共有する」前章へ続きへ「採用活動と組織の活性化P2」→

ページ上部へ戻る