アクトビジョン 人と組織の未来のために

採用は育成・戦力化と一体で考える②

2014-03-20

組織活性化、最高のチーム創りの入り口でもある募集採用。

人事や人材採用を担う皆様をはじめ、人と組織を元気にしたい……。
そんな熱い想いの皆様を、心から応援する連載コラム。

アクトナビの藤井です。毎々ご愛読頂きありがとうございます。

 
前回 ご案内の 「 育成・戦力化と一体で考える 」 募集・採用。

身近なところでは、それは採用スケジュールひとつにも現れます。

分り易いよう、お店を新規OPENする場合の採用活動で考えてみましょう。

 
例えば、来月にOPENする予定で準備を進める新規店舗。

開店予定日まで残り約1カ月。

いよいよ新規スタッフの募集・採用に取り掛かるとします。
 
 
この場合、皆様は 「 採用完了の目標期日 」 をどのように設定するでしょうか?

OPEN予定日の前日?

いやいや、もっと余裕をもって1週間くらい前でしょうか?

 
ここで考えるのが、採用したスタッフのオリエンテーションやトレーニング。

これにどのくらいの時間を掛けるのか……ということです。

自社の理念や沿革などに慣れ親んでもらいながら、自社の組織や決まり、基本的なルールなどを浸透させていくオリエンテーション。

お店を充分に運営できる知識とスキルを身につけてもらい、一人前のスタッフに育てるためのトレーニングプログラム。

これらにどのくらいの期間が必要なのか……からの逆算が、「 採用完了の目標期日 」 設定の目安になってくるわけです。

 
これまで数限りない新規OPENのお手伝いをさせて頂きましたが、専任のトレーナー様がいらっしゃる場合でも最低10日前。

店長様が他の多くの業務と共にトレーニングも行う場合は、更に期日をとって2週間~3週間前という設定もございました。

 
「 育成・戦力化と一体で考える 」 からこそ導き出される、最適な採用完了の目標期日。

ほんの身近な例ですが、このように採用スケジュールひとつを取り上げても、「 採用は育成・戦力化と一体で考える 」 というわけです。

←「低予算でもできる募集・採用」前章へ次章へ「採用活動を共有する」→

ページ上部へ戻る