アクトビジョン 人と組織の未来のために

『 採用活動設計 』 の全体フロー

2014-03-10

かけがえのない仲間の成長。
わくわくする未来へ向う大切な組織の活性化。

活き活きした人と組織を心から想い、
実現を担う皆様に贈る、組織活性化のヒント集。

アクトナビの藤井です。
毎々お読み頂きありがとうございます。
 
 
『 採用活動力 』 の3つめのポイント、採用活動設計力

これまでご案内してきたように、その冥利は 『 未来を創る採用 』 にしていくことにあります。

そして採用設計全体を 『 未来を創る 』 ものにしていくために、採用活動の 『 目的 』 の捉え方はとても大切だということもご説明してきました。 

その 『 目的 』 を的確に捉えるために必然で不可欠な工程が、自社や自店のこれまでとこれからを俯瞰し、ありたい成長・発展の姿や、あるべき活性化の本当の形をイメージすること。

それは、これまでのやり方の繰り返しや、延長だけで進めるものではなく、そうなりたい結果や発展した理想の姿を先に掲げ、そこからの逆算で自ら原因を創りだそうとする発想を基盤にしたものでした。

 
では適切な 『 目的 』 を明確にしたら、その 『 目的 』 を果たすために、この後どうしていくのか……。

この項では、これまでのご案内も含め、その全体フローをご紹介しておきましょう。

engineering_flow_0108<クリックすると別ウインドウで拡大します>

上図は、前回ご紹介の図 を元に発展させ、『 採用活動設計 』 の全体フローを改めて整理し直したものです。

この図からお気づきの方もいらっしゃることでしょう。

募集・採用活動の 『 目的の明確化 』 『 採用目標の設定 』 『 求める人物像 』 そして 『 採用広報 』 『 募集・採用活動のG-PDCA 』 ……。

このコラムの中でも繰り返しご案内してきたこれらの考え方は、『 採用活動設計 』 においてもまたまた登場、それぞれ大切な役割を担っています。

そして、その体系は以前ご紹介の 採用広報の全体フロー を取り巻くようにさえ……。

『 採用活動設計 』 だからといって、全く別の新しいことをやらなければならなかったり、魔法の杖をどこからか探してきて振りかざす必要はないわけです。

より良い募集・採用活動の基本は、いつも一貫しています。

これまでご案内してきた視点や角度は様々なものでしたが、それはひとつの大きな土台の上にあるものです。

《 コラム一覧はこちら 》《 コラムアーカイブスはこちら 》

←「低予算でもできる募集・採用」前章へ続きへ「採用活動を設計するP3」→

ページ上部へ戻る