アクトビジョン 人と組織の未来のために

より良い募集・採用は、逆転の発想で

2014-02-25

活き活きと成長してゆく人材。わくわくする未来へ活性化する組織。

企業経営者様や人材採用を担う皆様をはじめ、
日々組織マネジメントにご尽力されている皆様を応援する連載コラム。

アクトナビの藤井です。
毎々お読み頂きありがとうございます。

 
『 採用活動力 』 の3つめのポイント 採用活動設計力

これまでご案内してきたように、この考え方は、“ 単に人を採用するために ” 募集・採用活動をするという視界から、“ 自社や自店を成長・発展させるために ” 募集・採用活動をするという視界へ、見るもの、見えるものを変えてくれるという効果を伴っています。

だからこそ、採用活動設計をしっかり行っていくと、

・いろいろ手間暇かけて採用しても、すぐ辞めてしまう

・採用後、仕事内容や処遇条件などで食い違いのトラブルが起こる

・やっと採用したものの、なかなか仕事を覚えられず戦力化できない

・採用した人材が、自社や自店の風土と馴染めない

・結果、募集採用活動が原因で、組織やお店の雰囲気が悪くなる

などのお悩みの、多くの部分が解決されていくのでしょう。

 
このことを改めて対比させてみると、それは、実は 『 逆転の発想 』 になっている……ということが解ります。

Saiyou_Sekkei_no_hasso

上の図で左側の流れは、募集・採用でお悩みのご状況時によく見受けられるケースです。

お悩みの原因が募集・採用ということもあり、まず考えるのは募集・採用です。

募集方法をどう工夫したら良いのか、採用方法をどう改善したら良いのか……

そんな視界ばかりが、発想の入り口を塞いでしまいます。

結果、採用した後になって、導入・定着をどうするか……育成をどうするか……という順序になることが多く、肝心の組織創りや業績への打ち手はその後に……。

結局、全てが後手後手になって、努力しているのに、なかなか状況が良くならない……という流れになっていることが多いのです。

一方、上手くいっている右側のケースは、これとは全く逆の発想です。

発想の入り口は、自社の理念やビジョンなど、募集・採用活動から、一見離れたところから。

理念を実現するためにどうしていくのか、そのためにどんな戦略で、どんな計画を実現していくか……という順序で発想し、そのための組織は……そのための人材は……どう育成すれば……と続きます。

そうして最後に、ではどういうふうに募集・採用をしていけば……と考える。

これは一見遠回りのようですが、採用活動設計では、こちらの方がはるかに上手くいくことが多いのです。
 
 
原因をあれこれ想い浮かべて、結果に悩んでしまう発想と、
そうなりたい結果を想い浮かべて、その原因を自ら創りだそうとする発想

着手していく時系列から見ると逆転の発想ではありますが、より良い成果や、より成長・発展に近いのは、いつも後者の方です。

《 コラム一覧はこちら 》《 コラムアーカイブスはこちら 》

ページ上部へ戻る