アクトビジョン 人と組織の未来のために

果たす役割拡大中!! 『募集・採用のWEB・ネット活用』

2014-01-10

人の成長。組織の活性化。

共に働くかけがえのない仲間と大切な組織を、更に進化・発展させたい。
そんな熱い想いの皆様を、心から応援するヒント集。

アクトナビの藤井です。
毎々ご愛読頂きありがとうございます。

 
さて、採用力の4つめの要素-Recruiting Activities について、だいぶご案内の項が多くなりました。

1つめの要素2つめの要素3つめの要素 に比べボリュームが多いのは、それだけ、着手しやすい打ち手、即効性のある打ち手が多いということになります。

●採用力の4つめの要素……採用活動力

●より良い人材採用のための、採用活動の投下資源 という視点。

採用広報力 の全体フロー、それぞれのステップの進め方。

種々ご案内をしてきたところで、大きな時代の変化の中、ぜひ手にし活用していきたいポイントについて、このコラムでも少し触れておきましょう。

 
募集・採用力を高めるために、ぜひ手にし活用したいこと……

それは 『 募集・採用活動におけるWEBやネットの活用力・連動力 』 です。

 
2013年6月14日に発表された、総務省の2012年通信利用動向調査によると、

●日本のインターネット利用人口は、79.5%の9652万人

●それを年齢別に見ていくと、
 13歳~19歳 97.2%、20歳~29歳 97.2%、30歳~39歳 95.3%……

●企業のインターネット利用率は 99.9%

●うちホームページを開設している企業は、全業種計で88.6%

更に急速に浸透が進むソーシャルメディアについては、

●ソーシャルメディアを一部でも活用している企業は 全業種計で15.7%

●業種別では、サービス業・その他が最も多く 20.8%

そして、私が注目したのはその利用目的で、ソーシャルメディアでは

●会社案内、人材募集 37.3%

と、商品や催物の紹介・宣伝 53.2%、定期的な情報提供 44.6%iに次いで、第3位

そしてなんとホームページでは

●会社案内、人材募集 88.3%

と、商品や催物の紹介・宣伝 70.6%、定期的な情報提供 42.7%を押さえて、第1位になっていたことでした。

 
時代の変化の中、WEBやネットの活用は、ますます大きな役割を担うようになり、募集・採用活動においても、それは急速に拡大してきています。

例えば、募集・採用活動のためのWEBページ。

求人広告媒体とは異なり、

●沢山の情報を、多面的に、自由にレイアウトして提供できる

●自社に合ったイメージ、凝ったデザインで伝えられる

●他のネット活用と連動し、双方向コミュニケーションができる

●よって応募行動の導線強化や選考前後の情報のやりとりにも活用できる

●掲載期間やスペースによって、予算が大きく倍増していくわけではない

などのメリットがあります。

 
求人広告媒体に自社のホームページのアドレスを記載。

募集・採用活動用に作成したWEBページへ誘導して、求人広告や媒体だけでは伝えきれない沢山の情報を届ける。

これは、「 ちょっと気になるけどどうしようかな…… 」 という応募者を、
「 あ、ここにWEBページアドレスがある。とりあえず、見てみよう…… 」
という次のアクションに繋げる作用もあって、いわば 「 応募者予備層 」 を増大させる……という効用にも繋がります。

増加した「応募者予備層」によって、応募効果は何倍も高まったり、更には、自社や自店舗への理解・共感が高まった状態で応募してくれたり……。

 
また、WEBページは、以前ご案内した採用活動のKPI指標の視点でも有効です。

WEB特有のアクセス数解析やPV解析によって、「 応募者数 」 以前の、「 応募者予備層数 」 を媒体毎等で集計することもでき、より戦略的な募集・採用活動に繋げることもできてしまいます。

 
更には、そのWEBページから応募登録ができたり、他のネット活用と連動させ、登録してくれた応募者に返信したり。

応募のお礼や感謝の想いを伝えたり、何度かコミュニケーションを取りながら、面接日程をあわせたり……。

 
その上、ここにソーシャルメディアの活用までもが加わり始めてきたのです。

求人媒体と電話……。求人媒体と郵送……。

新卒採用の世界では、既にそんな時代は完全に終わっていますが、中途採用やアルバイト・パート採用においても、この流れはいよいよ拡大を続けています。

自社で構築する募集・採用活動のためのWEBページ。

他のネット活用と連動させた、双方向コミュニケーションの積極利用。

これらと求人媒体とを連動させることで、これまでご案内してきた募集・採用活動の成果は、更に何倍にも高めることができる時代になってきた……というわけです。

《 コラム一覧はこちら 》《 コラムアーカイブスはこちら 》

カテゴリー: 採用活動のWEB活用
ページ上部へ戻る