アクトビジョン 人と組織の未来のために

募集採用活動の 見えない事実 と 聞こえない声 ①

2013-12-10

人の成長、組織の活性。

共に働くかけがえのない仲間と、大切な組織をもっともっと発展させたい。
そんな熱い想いの皆様を、心から応援するヒント集。

アクトナビの藤井です。
毎々ご愛読頂きありがとうございます。

 
前回 ご紹介させて戴いた 応募者アンケート 。

「 募集・採用活動の次元があがった!! 」 とまで言わせたのは、どうしてなのか?
今回から数回に分け、詳しくご案内していきましょう。

 
前回イメージとして挙げた 『 お客様アンケート 』 や 『 POSシステム 』 は、皆様の中で、ご活用の方もいらっしゃることでしょう。

例えば、飲食店での 『 お客様アンケート 』 は……。 

お店の雰囲気はどう感じて頂いているか。どのくらいの頻度で来店頂けているのか。
自分達の料理は美味しいと感じて頂けているのか。料理の提供スピードは……。ボリュームは……。お値段は……。接客サービスは……等など。

面と向かっては普段聞くことができないお客様の声を聞くことで、自分達だけでは気づけない強みや改善点を掴むことができます。

例えば、流通チェーンでの 『 POSシステム 』 は……。

最近売れ筋になった商品……。最近売れなくなった商品……。
それは、いつ、何歳くらいの、男女どちらの、何人の方に、どういった商品と一緒に、どんなペースで買われ、お客様の人数や構成はどう変化しているのか……等など。 

感覚だけでは見ることができない本当のお客様の姿や商品の動きを、緻密なデータとして様々な形で見せてくれ、教えてくれます。

 
聞こえないお客様の声を聞き、自らをより良く改善することで、繁盛する飲食店。

見えない事実を丹念に拾い積み重ね、時流に最適に対応し、伸び続ける流通チェーン。

『 応募者アンケート 』 は、募集・採用活動においてこれらの働きと同じ効果を齎すものです。

 
一部ではありますが、具体的な集計例を順に幾つかご紹介していきましょう。

analysis_0095

まず、ご紹介するのは、

●どの媒体をご覧になって、応募されましたか?

●これまでご覧になったことがある、よく利用する媒体は?

の質問の集計例です。

あくまでも一例ですが、この時、C媒体D媒体に同じ予算で求人広告を載せたケースとしましょう。

通常なら、予想はC媒体D媒体から同じ位の応募者が……のはずですが、結果は上記のようになりました。

さて、この集計から、どんなことが見えてくるでしょう?

このご説明は、次回、続けてご案内させて頂きますが、皆様も少しだけご考察頂ければ幸いです。

《 コラム一覧はこちら 》《 コラムアーカイブスはこちら 》

ページ上部へ戻る