アクトビジョン 人と組織の未来のために

採用成功を引き寄せる ‐ 見方で味方に『KPI指標』 

2013-11-25

共に働くかけがえのない仲間と、大切な組織を活き活き進化・発展させたい。
そんな熱い想いの皆様を、心から応援する募集・採用活動のヒント集。

アクトナビの藤井です。
毎々ご愛読頂きありがとうございます。

 
前回ご案内した 3つの壁

今回は 『 KPI指標 』 によって乗り越える例を、より具体的にご紹介致しましょう。

 
あるお店で新たに2名採用したいと、A媒体とB媒体、それぞれ10万円ずつの予算で広告を掲載したとします。

A媒体は、20名の応募者がありました。
対してB媒体は、5名しか応募がありませんでした。

この時、次回からはA媒体で……と即判断してしまうと、 前回ご紹介 『 応募数満足の壁 』 にぶつかってしまいます。

 
面接者数を見ていくと、A媒体は10名。B媒体は5名の面接ができました。

B媒体は応募者全員がしっかり面接できたのに対し、A媒体の応募者は、面接辞退や土壇場でのキャンセルが10名もあったのです。

ここでA媒体、ちょっと雲行きが怪しくなってきますが、それでも面接者数は2倍です。

まだ次回からA媒体で……と判断し、 『 面接数満足の壁 』 にぶつかるでしょうか?

 
では肝心の採用は……とデータを見てみると、採用した2名は、A媒体、B媒体、それぞれ1名づつでした。

但し、B媒体の応募者は皆礼儀正しく時間に正確だったのに対し、A媒体の応募者の中には、数分ですが面接に遅れてきた方もいました……。

Data 1

例えば、この場合です。

次の募集では、予算が半分しか取れない……状況としましょう。

皆様なら、どう判断するでしょう?

 
様々な考え方があると思いますが、セミナー等で同じ題材を扱うと、会場のご意見は大きく3つに分かれます。

①やはり、応募数や面接数は多い方が良いので、A媒体に掲載する。

②応募者数は少ないが、全て面接につながるのでB媒体に掲載する。

③しかたがないので、スペースを半分にして、両方掲載する。

①のご意見では、
「 応募時の応対などを工夫し、面接辞退や遅刻などの予防を踏まえて 」

また、②のご意見では、
「 面接辞退者によるスケジュールロスは、忙しい自分にとって大きな負担 」

③のご意見は、
「 まだこの材料だけでは解らない。もう一度それぞれの媒体の様子を見たい 」

と、それぞれ添えられる方がいらっしゃいました。

 
ここで、皆様の強い味方となり、『 3つの壁 』 を乗り越えさせてくれるのが、ご紹介した 『 KPI指標 』 です。

具体的に整理してみましょう。

・応募コスト
 A媒体…10万円/20名=5千円        B媒体…10万円/5名=2万円

・面接コスト
 A媒体…10万円/10名=1万円        B媒体…10万円/5名=2万円

・採用コスト
 A媒体…10万円/1名=10万円        B媒体…10万円/1名=10万円

 
更に続けましょう。

・面接率
 A媒体…10名/20名=50%             B媒体…5名/5名=100%

・対応募採用率
 A媒体…1名/20名=5%              B媒体…1名/5名=20%

・対面接採用率
 A媒体…1名/10名=10%               B媒体…1名/5名=20%

如何でしょう。

ここまで整理すると、A媒体、B媒体、それぞれの強み、弱みが明確になってきます。

 
更に見ていくと、3ヵ月後、定着していたのは1名だけだったとしましょう。

確認するとB媒体からの採用者でした。

・定着コスト
 A媒体 ‐ 10万円/0名=             B媒体 ‐ 10万円/1名=10万円

・対採用定着率
 A媒体 ‐ 0名/1名=0%              B媒体 ‐ 1名/1名=100%

Data 2

流石にこうなると、意見はだんだんまとまってきます。

3つの壁 は、こういったデータを毎回蓄積し分析しておくだけでも、乗り越えられていくわけです 。

募集採用活動の中で進む、緻密で合理的な意思決定。

それは、募集採用活動を着実に前進させます。

 
今回は解りやすく 「 2つの媒体 」 という要素だけで一例をご案内しましたが、実際には、

・「A媒体」 と 「B媒体」 と 「C媒体」

・ 「特集ページ 」 と 「 地域ページ 」

・ 「 〇〇版 」 と 「 △△版 」

など、幾つかの組み合わせで分析するケースが多いでしょう。

example kpi 1

これらをしっかり記録、測定し、データ化して、分析しておく。

これまで予測できずにお悩みだったり、勘や感覚で行っていた募集・採用活動が、事実に基づいた緻密で論理的なものに変わり、求める成果や目標の達成をより引き寄せやすくなっていきます。

←「採用広報力を高める5つめの鍵」前章へ次章へ「採用力を高める応募者の声」→

ページ上部へ戻る