アクトビジョン 人と組織の未来のために

どの媒体で、誰に、何を、どんな表現で、どう伝える①

2013-10-21

募集採用活動を担う皆様をはじめ、人と組織のわくわくする未来を想う全ての皆様に贈る「 採用力 」 を高めるためのヒント集!!

アクトナビの藤井です。毎々ご愛読頂きありがとうございます。

 
成功する募集採用活動。採用広報力を高める5つの鍵

前章『 ポジショニング 』 のステップを踏まえたら、いよいよ4つめの扉です。

4つめの扉は、媒体を選定し、広告を制作し、実際に広報していくステップ。

『 誰に 』 『 何を 』 『 どんな表現で 』 『 どう伝え 』 、たくさんの 『 求める人物像 』 を集めるのか。

これまでの “ 天の利、地の利、時の利…… ” と “ 彼を知り己を知れば…… ” にならった、それぞれのポイント。

これらを押えた上で、『 どの媒体で 』 『 どのように 』 掲載して採用を成功させるのか。

それを具体化していくのが、ご紹介した図の中ほど、

『 コンセプト設計 』 『 媒体・出稿戦略』 『 原稿内容・訴求戦略 』

と、トライアングルに並んでいる部分になります。

saiyoukouhou_04

こちらも広告代理店や制作プロダクションの方と共に進めることが多いかもしれませんが、2回に分け、簡単に掘り下げておきましょう。

◊ ◊ ◊

まず 『 コンセプト設計 』 についてです。

『 コンセプト設計 』 では、「 誰に 」 「 何を 」 「 どんな表現で 」 「 どう伝える 」 か……の骨組みを決めていきます。

「 どの媒体で…… 」 「 どんなスケジュールで…… 」 「 どういう原稿で…… 」 の前に、これらに縛られない発想で、先に骨組みを組み立てる手順が高い応募効果を引き出します。

 
「 誰に 」は、求める人物像を基にした採用ターゲットの設定

難易度の高い採用の場合、どこに住んでいて、どんな仕事をしていて、どんな経験があり、どんなことに興味・関心があって……と、それこそ家族構成や乗る車までキャラクタライズすることもあります。

伝説の求人広告の頁でご案内したように、

「 あ、これはまさに自分のことだ! 」

「 この募集は、自分に対して呼びかけている! 」

と感じてしまう求人広告は、どれも高い応募効果に繋がっています。

キャラクタライズした通りの応募者が面接に現れる瞬間は、採用担当者冥利に尽きる場面のひとつかもしれません。

 
「 何を 」は、抽出された魅力要因・課題要因から、どのセグメントをメインデッシュに設定し、どのセグメントをサイドデイッシュとして活用するのかの選定です。

詳しくは後述致しますが、多くの魅力要因が抽出された場合でも、喜び勇んで何でもかんでもとにかく詰め込んでしまうのではなく、中心となる魅力要因を絞り込み、メインとサイドの視点で選定していくことが大切です。

ここで重要なのは、そこに設定した採用ターゲットとの 「 共感の接点 」 があるかどうか。

朝食はご飯とみそ汁派……という方に、生クリームたっぷりのパンケーキを押し付けても、高い応募効果には繋がらないでしょう。

 
「 どんな表現で 」 は、デザインやコピー、写真やイラストなどの表現手法の選択です。

私が新人の頃、携わる媒体がモノクロからカラーに変わっただけでその表現の広がりに狂喜したものですが、最近は音や動画など様々なチャネルも増えて、表現手法の選択の幅は更に大きく広がりました。

論理に訴える表現と、感情に訴える表現。

言語で訴える表現と視覚に訴える表現 ( 最近は、視覚と聴覚で訴える表現もあります ) 。

これらは、「 誰に 」伝えるのかによって、最適な選択が変わります。

また、「 何を 」 伝えるのかによって、それぞれのアイテムの得意、不得意を踏まえることも大切です。

タキシードやドレスを着て訪れるパーティなのに、ラーメンや餃子ばかりをこれでもか……と並べても、応募効果には繋がりません。

逆に、お腹をペコペコにした体育会系男子たちに、目に鮮やかなオードブルが少しだけ……でも、同じことが言えるでしょう。

「 誰に 」「 何を 」 伝えたいのかによって、最適なアイテム、得意な表現手法を選択して、組み合わせていくことが大切です。

 
「 どう伝えるのか 」「 何を 」伝えるのか……に活き活きとした魂を吹き込みます。

採用ターゲットに対し、伝わり易い言葉を使う。

伝えていく順序とストーリーを工夫する。

ビジュアルを効果的に使い、コピーで説き進める。

感情とロジックを組み合わせる。

エピソードやシーンを交える。

具体例や具体的な数字やデータで伝える。

心に残るキーワードで伝える。

イメージが浮かんでくるように伝える……。

このあたりは日々の仕事の中での、プレゼンテーションに通じるところでもあります。

 
次回は、『媒体・出稿戦略』と『原稿内容・訴求戦略』をご案内致しましょう。

《 コラム一覧はこちら 》《 コラムアーカイブスはこちら 》

←「採用広報力の3つめの鍵」前章へ

ページ上部へ戻る