アクトビジョン 人と組織の未来のために

魅力要因が見えてくる10の窓を開け放つ

2013-10-10

募集採用活動を担う皆様をはじめ、人と組織のわくわくする未来を想う全ての皆様に贈る「 採用力 」 を高めるためのヒント集!!

アクトナビの藤井です。毎々ご愛読頂きありがとうございます。

 
会社の魅力要因を探るための 前回 のご案内。

求人広告や媒体出稿などのケースでは、広告代理店やプロダクションが、ヒアリングをし、それを基に企画提案をするケースが多いかもしれません。

ターゲット動向や採用環境を知り尽くし、仮説を基にヒアリング。

的確な企画提案は、専門のプロ組織ならではの仕事です。

 
一方で、この要素は面接選考や会社説明のステップでも活用する重要な要素でもあります。

人材採用を担う立場の方々は、是非とも 『 自ら 』 押さえておきたいところでしょう。

saiyoukouhou_07

上記は、では魅力要因はどんな視点から抽出されるのか……の一例です。

いわば、魅力要因が見えてくる10個の窓

この窓を大きく開け放ち、それぞれを改めて眺めてみると様々なことが判ってきます。

もちろん採用ターゲットによって重視する点は異なりますが、それぞれの要素は、この窓の向こう側に広がっていることが多いのです。

………………………………………………………………………………………

●企業 – 企業概要、歴史、将来性、成長性、安定性、ブランド性、信頼性、等

●事業 – 事業の優位性、先進性、独自性、シェア、業界内ポジション、等

●経営 -  マネジメント層の魅力、ビジョン、社員への想い、現場感覚、等

●顧客 – 顧客基盤、開拓力・創造力と保有力、顧客満足、顧客支持、等

●ノウハウ・ナレッジ – 業務プロセス、保有ノウハウの優位性、人材輩出力、等

●仕事 – 仕事自体の魅力・醍醐味、社会的貢献、成長土壌、職域の拡大、等

●職場環境 – 立地、外観、執務環境、快適性、機器設備の充実、人間環境、等

風土・文化 – 開放性、結束感、相互信頼、啓発性、遂行性、変革姿勢、等

●待遇・制度 – 給与、勤務条件、制度、能力開発支援、定着率、雇用維持、等

●生活 -  ライフスタイル適合、家族の理解共感、ワークライフバランス、等

………………………………………………………………………………………

ここに付け加えるとすれば、例えば幹部候補採用などの場合は、

●ミッション – 役割・ポジション・裁量範囲・活用資源の醍醐味、貢献性、必要感

などが入ったりもします。

身近な例では、夏休みだけ働きたい学生さんの、

●期間 – 短期で稼げる、期間を限定しても採用され働ける

という要因を考慮することもあります。

このように、設定した採用ターゲットによって、窓を増やしたり、別の角度から眺めたり、特に注意深く覗き込む窓を変えていったり……することは、とても大切なことです。

窓を覗き込み、これらの要素を抽出したなら、更に整理し 『 採用USP 』 を明確にしたり、心に残りやすいキーワード化を進めたり、それを良く表している具体的なシーンや物語を紐づけたりしていきます。

これらについては次回以降、順にご案内していきましょう。

《 コラム一覧はこちら 》《 コラムアーカイブスはこちら 》

←「採用広報2つめの鍵」前章へ

ページ上部へ戻る