アクトビジョン 人と組織の未来のために

採用広報 ‐ 人材募集を担う方の腕の見せどころ

2013-08-30

組織活性化、最高のチーム創りの入り口である募集採用活動。
自社や自組織の大きな資産ともなる 『 採用力 』 を進化・発展させるためのヒント集。

アクトナビの藤井です。毎々ご愛読頂きありがとうございます。

採用力=Business & Company(事業や企業自体が持っている力)×Mission & Culture(仕事内容・仕事環境・職場風土・企業文化)×Working  Conditions(待遇・処遇・人事制度)×Recruiting Activities(採用活動力) No.3
採用力の4つの要素の中で、最も手を打ちやすい Recruiting Activities – 採用活動力

recruiting_power4_sample_01

『 採用活動への投下資源 』 に続いては、ご紹介した図の2つめ 採用広報力 についてご案内していきましょう。

 
思い返せば、今ほど 『 採用広報力 』 に大きく差がつく時代は、かつて誰も予想しなかったかもしれません。

求人媒体は本当に多種多様になり、その伝達チャネルも急激に拡大しています。

私が新人だった頃、求人媒体といえば、ほんの僅かな “ 有料求人情報誌 ” が主流でした。

仕事を探すために代金を支払い、書店やコンビニ等で求人情報誌を 「 買う 」 ことが、ごく当たり前の時代があったのです。

しかし、有料求人情報誌に変わって、無料で手に入るフリーペーパーが台頭。企画型の折込求人紙も媒体力を高め、なによりインターネット求人サイト、モバイル求人サイトが飛躍的に浸透してきました。

数年前からは入社祝い金を支給するなどユーザーのキャリアを応援するサイト、採用を完了した後で初めて費用が発生する成果報酬型の求人サイトが現れ、今もあらゆる選択肢が増え続けている状況です。

伝達方法もコピーやデザイン、イラストや写真だけでなく、今や映画のワンシーンさながらに “ 動画 ” で訴求できる求人サイトが登場。

時代は進み、映像や音楽、働く人たちの表情や声で、直接伝えられる時代になりました。

これだけ多種多様な求人媒体、たくさんの伝達チャネルに恵まれる中、どの媒体を選択し、いつ、どのように募集活動・求人活動を行っていくのか……。

こういった時代だからこそ、各企業、各組織で採用を担う方の腕の見せどころです。

『 採用広報力 』 は私の真骨頂でもあり、ご案内したいことが山ほどありますが、本コラムでは、まず 『 採用広報力を高める5つの鍵 』 をご紹介し、そこから順を追って掘り下げていきましょう。

《 コラム一覧はこちら 》《 コラムアーカイブスはこちら 》

←「採用活動への投下資源」前章へ

ページ上部へ戻る