アクトビジョン 人と組織の未来のために

『採用力』の4つめの要素②

2013-07-25

『 今、打ち合わせ中だから、もう少ししたらまた電話くれるかい!!  』

前回 ご紹介の、老舗和食店の大将。

応募者からの電話に出ると、そう言って電話を切ってしまいました。

表情や物腰はいつも柔らかく上品なのですが、電話越しに聞こえる声や口調からは、応募者にぞんざいな印象さえ与えそうです。

今、電話をしてくれた応募者は、もう一度電話をしてきてくれるでしょうか……。

しかも応募者がたくさんの情報の中から大将のお店を選び、おそらく 「 意を決して 」 電話をしてくれたにも関わらず、お礼を言うでもなく、面接日程を合わせるでもなく、連絡先も名前も聞いていません。

特にアルバイト・パートの場合は、応募者は複数の求人先に広く応募していることも多く、受付の初期応対によって、他の求人先に決まってしまうことも考えられます。

席に戻ってきた大将に、私は言いました。

「 大将……。面接率を上げる方法がわかりました……( 涙 ) 」

皆様は、もうお気づきでしょうか。

この出来事が示唆する、『 採用力 』 の4つめの要素。

それは 「 Recruiting Activities – 採用活動力 」 です。

recruiting_power4_sample_01

こちらも詳しくは上図に整理致しましたが、「 採用活動力 」 は他の3つの要素と比較し、最も手をつけやすく、相対的に予算も時間も少なく、さまざまな工夫で即効果が期待できる要素です。

採用活動の総エネルギー量を決める 採用活動への投下資源

実際に予算を掛け、媒体を選定し、広報し、応募者を集める 採用広報力

理念やビジョンから連なる経営階層と連鎖し、募集採用活動を真の組織活性やわくわくする未来へと繋げる 採用活動設計力

時代の変化の中で急速に役割が増してきた 採用活動共有力

そして、実際にそれらを遂行する 採用活動実務力 採用担当者力

それぞれの詳しい解説は、次回以降、順を追って掘り下げていきますが、ごく身近な例では今回ご紹介のエピソードのように、応募者への初期応対ひとつで、面接率が左右されることもあるわけです。

《 コラム一覧はこちら 》《 コラムアーカイブスはこちら 》

←「採用力の3つめの要素」前章へ

ページ上部へ戻る