アクトビジョン 人と組織の未来のために

『採用力』の4つめの要素①

2013-07-20

募集・採用の成功の法則。

その3つめ 『 採用力を高める 』 ということ。

前回まで、その 『 採用力 』 は、

『 採用力 』 = B × M × W × R

と、大きく分けて4つの要素から成り立っていて、

B …… Business & Company – 事業や企業自体が持っている力

M …… Mission & Culture – 仕事内容や仕事環境

W …… Working  Conditions – 待遇・処遇・制度

だと、ご案内させて戴きました。

今回から最も手を付けやすい 『 4つめの要素 』 に移っていきましょう。

 
まずは、この4つめの要素に関係する、典型的な 「 ある出来事 」 のご紹介です。

ずいぶん昔のこと。

まだ私が新人営業マンだった時代の話です。

ようやく仕事を覚え、一人前になりかけの私を、そのころ大変可愛がって下さった老舗和食店の大将がいらっしゃいました。

出会いの言葉は

『 求人広告?うちは間に合ってるよ! 』

口調は厳しいけれど、表情と物腰はいつも柔らかく上品な大将。

厳しい口調とはうらはらに、私が顔を出すたび、様々なことを教えて下さいました。

雑誌やテレビでもよく紹介されているお店です。

憧れも後押しし、新人の私はお会いするのが楽しくて、足しげく通ったものです。

 
そして一年近くは通ったでしょうか。

それまでは “ 口コミ ” や “ 紹介 ” で十分採用できていて、広告や求人メディアでは全く募集したことがない……という大将から、初めて仕事を頂きました。

喜びと責任感に溢れながら、渾身の原稿を制作し、掲載。

発売初日に顔を出すと、『 応募の電話、沢山入っているよ!  』 と笑顔の大将。

二日目に顔を出すと、『 広告ってやっぱり凄いんだね!!  』 とお褒めの言葉。

ああ、憧れの大将のお役に立てた!

そう浮かれていた私の想いは、しかし、週末になる頃には一変することになります……。

『 藤井さん……。せっかく募集広告を出したけど、なんだか全く面接できないよ 』

週末の大将は、半ば呆れ顔にも似た、悲しげな表情を浮かべていました。

地域でも有名な老舗店。

これまでご案内してきた採用力の3つの要素、 は十分すぎるほどです。

お店は雑誌やテレビなどで紹介され、ブランドと言って良いほどの知名度がありましたし、給与や処遇も、まさしく応募者が殺到するだろうという好条件。

私は、「 そんなはずは…… 」 と思い巡らせながら、大将に少し時間を頂きます。

応募の連絡は沢山入っていましたが……と、詳しくお話を伺うと、

『 応募は確かに沢山ある。けれど、面接は全くできない 』

との旨。

応募の電話が初日から30件以上はあったにもかかわらず、掲載から一週間近く経って、まだ一人も面接できていないと仰るのです。

 
たくさんの応募があるにもかかわらず、面接者が少なくなってしまう。

私達は、こういった状況の時、

面接者数 ÷ 応募者数 = 面接率

という考え方で 『 面接率が低い 』 と捉え、その分析と解決策を考察します。

あれこれお話をお伺いし打ち合わせを続けていると、そこに、ちょうど応募者からの電話が入りました。

そして……その 『 出来事 』 は起こりました……。

この 『 出来事 』 の中にこそ、まさしく、採用力の4つめの要素に大きく関係する一例があったのですが、皆様は、何が起こった……と考えるでしょう?

この 『 出来事 』 の続きと、そこから広がる、『 採用力の4つめの要素 』 について、次回からは、いよいよ詳しくご案内を進めていきます。

《 コラム一覧はこちら 》《 コラムアーカイブスはこちら 》

←「採用力の3つめの要素」前章へ

ページ上部へ戻る