アクトビジョン 人と組織の未来のために

『採用力』の3つめの要素とは……

2013-06-05

最高のチーム創りの入り口である募集・採用活動。
その 『 募集・採用活動の成功法則 』 の3つめ、 『 採用力 』 を高めるということ。

アクトナビの藤井です。毎々ご愛読頂きありがとうございます。

 
今回から 『 採用力 』 の3つめの要素についてご案内していきましょう。

『 採用力 』 = B × M × W × R

とある中で、前回までの要素

・Business & Company – 事業力・企業力   

・Mission & Culture – 仕事内容・仕事環境

より、更に手を付けやすい3つめの要素。

私が 「 人事制度 」 や 「 組織活性施策 」 に傾倒するきっかけにもなったその要素は、「 Working  Conditions – 待遇・処遇・制度 」です。

recruiting_power3_sample_01

こちらも上図に整理しましたが、これまでの のご案内に並べるなら、こちらは、

適正な勤務条件を整えようとし、その貢献や能力の向上に伴って適確な処遇を図ろうとする組織には、必要な時に必然ベストな人材が集う

……という摂理のような姿をして、採用力の本質をまた別の角度から語りかけます。

難しく捉えずとも、確かに給与や待遇が良い方が応募者は集まり易い……ことについては、皆様、まずご納得のことかもしれません。

ですが、「 募集条件や処遇を工夫する 」 ことは、給与や待遇の向上、福利厚生の充実だけを指すものでもありません。

職種の呼称や組織活性施策、そして人事制度等の工夫や充実なども、大きな成果に結びつくことが多々あります。

給与を上げれば応募者は集まる……と真っ先に基本給や時給に目を向ける前に、より少ない予算で高い効果を上げる 『 他のポイント 』 も視界に入れ、一緒に整理しながら打ち手を打つことが大切です。

次回から上記の図の中で特にご紹介しておきたい主なポイントを4つほど絞り、順に詳しくご案内していきましょう。

《 コラム一覧はこちら 》《 コラムアーカイブスはこちら 》

←「採用力の2つめの要素」前章へ

ページ上部へ戻る