アクトビジョン 人と組織の未来のために

『採用力』の2つめの要素とは……

2013-04-25

企業経営者様や店舗オーナー様をはじめ、人と組織の成長、発展を想う……。       
そんな熱い想いの皆様を、更に熱い想いで応援する募集採用活動のヒント集。

アクトナビの藤井です。毎々ご愛読頂きありがとうございます。

 
最高の組織創りの入り口である募集・採用活動。

その 『 募集・採用活動の成功法則 』 の3つめ、 『 採用力 』 を高めるということ。
 
今回から、『 採用力 』 の2つめの要素についてご案内していきましょう。

 
採用力 = B × M × W × R

で、「 M 」 から始まる2つめの要素は、前章の 『 B = 事業や企業が持つ力 』 より、もう少し手を付け易い領域です。

そして、以前伝説の求人広告でご案内した 「 何を為すのかという仕事そのものの真価 」に繋がっている領域でもあります。

更にお伝えするなら、子供たちに 「 将来は……? 」「 大きくなったら……? 」 と問い掛けると、最も多くイメージされ、将来の夢や志としても描かれます。

何を為すか……に繋がり、子供たちが将来像として真っ先に描く、採用力の2つめの要素。

それは、「 Mission & Culture – 仕事内容や仕事環境 」 です。

recruiting_power2_sample_01

詳しくは上図に整理しましたが、人が 「 はたらく 」 ことをイメージする時、確かに多くの人は 「 どこで働くか 」 よりも 「 どんな仕事をするか 」 を先に思い浮かべます。

小学生の文集も、自分の将来の夢について 「 何を為すか 」 「 どんな仕事をしたいか 」 が記されている文がほとんどでしょう。

野球界のイチロー選手、サッカー界の本田圭佑選手のように、「 どこで、どの組織で 」 迄イメージできる子供たちもいますが、それは「 何を為すか 」 の先にあるもの。

だからこそ多くの求人媒体は 「 職種 」 をキーワードとした検索機能を備えていますし、「 人気職種 」 が 「 人気特集 」 や 「 目玉企画 」 になるわけです。

そして、「 何を為すか 」 「 どんな仕事をするか 」 に命を吹き込み、その進化まで促すのが 「 仕事環境 」 です。

それは広い宇宙の太陽系の中、唯一生命を育んできた母なる星……地球の環境のように、ミッションの遂行を活性化させ、その進化を後押しします。

人に意義あるミッションを与え、ひとり一人が成長し、より活躍できる組織創りを推進することが、採用力を高める……。

それは、

人が活かされ、人が成長活躍し、ミッション遂行の環境を積極的に高めようとする組織には必要な時に必然ベストな人材が集う

……という摂理のような姿をしていて、「 採用力のBの要素 」 に続いて、こちらも採用力の本質を語り掛けているかのようです。

◊ ◊ ◊

ここで、

「 仕事環境の方は分かるけれど、募集する仕事内容の方は変えようがないのでは? 」

とお感じの方もいらっしゃるかもしれません。

集まりにくい職種だからと、募集する職種や仕事内容自体を変えるわけにはいかない。

多くの場合、確かにその通りです。

しかし、目的は採用活動における 「 採用力 」 を高めることです。

その仕事のやりがい、面白み……という視点。

その仕事が生み出す価値や貢献……という視点。

その仕事により、どんな人たちにどう喜ばれるのか……という視点。

流石に 「 募集する職種 」 や 「 採用後の業務 」 が変えられなくても、こういった視点で 「 その仕事の本質や価値 」 を見出し、求める人物像層に訴求する 「 仕事内容 」 を高めることはできます。

後程ご紹介の 「 石を積む人・城を築く人 」 の寓話の言葉を借りるなら、同じ業務でも、「 石を積む人 」 を募集するのか、「 城を築く人 」 を募集するのかの違いです。

その仕事の本質が 「 城を築く人 」 であるにもかかわらず、「 石を積む人 」 として募集してはいないか。

少しだけ本質に近づいていても、「 石垣を作る人 」 で留まってはいないか。

採用力の2つめの要素 「 Mission & Culture – 仕事内容・仕事環境 」 を活用していく上で、ここは第1のポイントになります。

 
この辺りは視界に入れる時間や空間の広がりによって、人材育成のヒント の項でご紹介した 役割設計や目標設定 等にも関わるところです。

実は、固定観念を外し、組織設計役割設計の視界に立ち戻れば、仕事内容や職種の名称が変わる……というケースも、意外に少なくはないことを付け加えておきましょう……。

ここは、組織設計や役割設計等が視界に入っている経営層の方々や、組織を担う方々には、自ずとイメージされるところかもしれません。

《 コラム一覧はこちら 》《 コラムアーカイブスはこちら 》

←「採用力の1つめの要素」前章へ

ページ上部へ戻る