アクトビジョン 人と組織の未来のために

募集・採用の成功法則 ‐ 『採用力』を高める①

2013-03-21

共に働くかけがえのない仲間と、大切な組織をもっともっと活性化させたい。
そんな熱い想いの皆様を、心から応援する組織活性化のヒント集。

アクトナビの藤井です。
毎々ご愛読頂きありがとうございます。

 
最高のチーム創り、組織活性化の入り口、人材募集・採用活動。

この項からは、その 『 募集・採用の成功法則 』 の3つめに進んでいきましょう。

 
これまでご紹介してきた、

“ 目的 ” を整理して募集・採用に向かうエネルギーを高める

“ 目標 ” を定めて、より具体的にイメージする

まで進んだら、次は、それを 『 どう実現するか 』 のステップです。

わくわくしながら取り組み、強烈に明確になった採用目標をどう実現するか。

このことを考える時、私がよくご紹介しているのが、募集採用活動の成功の法則の3つめ、『 採用力 』 という考え方です。

 
『 採用力 』 は、言葉通り自組織が採用を成功させられる根本的な力のこと。

営業組織なら 「 営業力 」 、販売組織なら 「 販売力 」 を高めるように、人材を募集・採用する組織なら、『 採用力 』 を高めましょう……というわけです。

『 採用力 』 を高めると、同じ募集活動でもより沢山の応募に繋がったり、自社や自組織でより活躍する人材が更に採用し易くなったり、採用した人材が活き活き成長していきます。

逆に 『 採用力 』 が低いままだと、募集広告を出してもなかなか応募者が増えなかったり、採用に苦労したり、採用者がすぐ辞めてしまったり、なかなか戦力化できなかったり……。

採用を成功させようとするなら、人材募集への視界だけでなく、『 採用力 』 を磨き高める視界が大切なポイントになるのです。

 
この 『 採用力 』 をもう少し掘り下げていくと、それは大きく分けて4つの要素から成り立っています。

皆様にご紹介する際は、それぞれの要素を英訳した頭文字を取った

『 採用力 』 = B × M × W × R

が図らずも車やバイクの世界が好きな方々には覚えやすいと好評なので、このコラムの中でも、こちらの公式に沿ってご案内していきましょう。

これらの4つの要素のそれぞれを磨き高めていくことが、採用目標を 『 どう実現するか 』 の近道になり、募集採用活動のお悩みを解決する具体策に繋がります。

では、この4つの要素はどういうもので、それぞれどう磨き高めていけば良いのか……。

次回、まずはあるエピソードをご紹介し、そこからひとつずつ順を追ってご案内していきましょう。

《 コラム一覧はこちら 》《 コラムアーカイブスはこちら 》

←「求める人物像の明確化」前章へ

ページ上部へ戻る