アクトビジョン 人と組織の未来のために

求める人物像の明確化①

2013-02-20

共に働くかけがえのない仲間と、大切なチームを進化・発展させたい。
そんな熱い想いの皆様を、心から応援する募集採用のヒント集。

アクトナビの藤井です。毎々ご愛読頂きありがとうございます。

 
前回 触れた、求める人物像の明確化

本来の機能、大きな副産物……と、それぞれ簡単にご紹介致しましたが、募集採用活動全体で、とても大切な役割を果たすところ。

セミナー等でもご質問が多い項目なので、少し項を割いてご説明しておきましょう。

recruiting_target_01

これまでたくさんの企業様の採用のお手伝いをして参りましたが、『 求める人物像は? 』 とお伺いすると、最も多く頂くお応えは 「 良い人材 」

次に 「 優秀な人材 」 というお応えが続くでしょうか。

「 良い人材 」「 優秀な人材 」 を採用したいのは、どの企業や組織も同じ。

では、自社・自組織にとっての 「 良い人材 」 「 優秀な人材 」 とは、具体的にどんな人でしょうか?……と更に掘り下げていくと、

・ポジティブで明るく元気な人材

・素直で成長意欲の高い人材

・コミュニケーション能力があり、協調性のある人材

・社会的な常識や、礼儀、マナーを備えている人材

・やる気があり、自ら積極的に仕事に取り組んでくれる人材

などが上位ベスト5に入ってきます。

最近では時代を反映し、この他に 「 ストレス耐性の高い人材 」「 現状にとらわれず自由な発想ができる人材 」 ……というお声も増えてきました。

ここで注意しなければならない、大切なことがあります。

上記でもまだまだ、どの企業や組織でも採用したい人物像……だということです。

またまた例え話で恐縮ですが、上記の設定では、「 良い人材 」 というお応えと同様、

サッカーチームが 「 スポーツをやりたい人 」 を求める人物像としているようなもの

で、前回触れたように、野球や水泳をやりたい人が含まれてしまうかもしれません。

『 求める人物像の明確化 』 を行うにあたっては、自分たちが目指す 「 最高の組織 」 の姿とがっちり向き合いながら、ここから 「 更にもう一歩掘り下げる 」 ことが大切なのです。

更には、もう少しサッカーチームの例えで視界を広げてみると、

・同じサッカーでもフォワードとミッドフィルダーで求める人物像は変わる

・ゴールキーパーなら、なおさらのこと

であることも見えてくるでしょう。

つまり、同じ企業や組織でも、募集・採用しようとする 「 職種 」 や 「 仕事内容 」 、「 配属しようとしている部署 」 や 「 将来担って欲しいポジションや役割 」 等によって、『 求める人物像 』 の掘り下げ方は変わる……わけです。

では、具体的にどんな視点でどう明確化していけば良いのか……。

次回は、人材要件フレームとアプローチの一例をご紹介致しましょう。

《 コラム一覧はこちら 》《 コラムアーカイブスはこちら 》

←「募集採用の成功法則2」前章へ

ページ上部へ戻る