アクトビジョン 人と組織の未来のために

募集・採用の成功法則 ‐ 採用目標を設定する①

2013-02-12

アクトナビの藤井です。

企業経営や組織マネジメントを担う皆様をはじめ、人事や人材採用を担う全ての皆様に贈る成功する募集採用のヒント集。

毎々ご愛読頂きありがとうございます。

 
「 最高の組織創り 」 の入り口、募集・採用活動。

今回から、その 『 募集・採用活動の成功法則 』 2つめのご案内です。

 
人材募集でしっかり採用できたけれど、なんだか上手くいかない……。

皆様は、募集採用活動の中、そんな想いを抱く瞬間はありませんでしょうか?

たくさんのお客様にお話をお伺いしていると、そんな経験をお持ちの方々が意外に多いことに気づかされます。

・ あんなに苦労して採用したのに、すぐ辞めてしまったというお悩みから、
  ひどい時には、入社初日から来なかった……というケース

・ 良い人材だと見込んで採用したものの、
  なかなか仕事を覚えられず、戦力化できないというお悩みから、
  仕事は覚えるけれど、自社や自店舗の風土と馴染めないというケース。

・ 良い人がたくさん応募してくれたので多めに採用してしまい、気がついたら、
  人件費がかさみ、お店の収益に影響が出ているというケース。

・ 採用後、仕事内容や勤務条件等で食い違いのトラブルが起こったケース。

・ しっかり採用したつもりが相変わらず人員不足のシフトが残ったケース。

企業や組織を担う身として様々な状況が発生し、確かに悩みは尽きないものです。

上記のような状況は、後程ご案内する 「 面接・選考 や 採用・導入 」 段階のポイントでも大きく改善することができますが、実は、そのもっと前の入り口の段階……採用活動に入る 『 最初の一歩 』 を疎かにしていることが原因というケースも意外に少なくありません。

決して疎かにできない、募集採用活動に入る最初の一歩。

それが、『 募集・採用活動の成功法則 』 の2つめとしてご案内する、

『 採用目標をしっかり設定する 』

ということです。

前回のように、募集・採用にあたって全体を俯瞰し、確かな 『 目的 』 が明確になったら、次に、鮮明で具体的なイメージを浮かべ、具体的な 『 目標 』 を定めるわけです。

《 コラム一覧はこちら 》《 コラムアーカイブスはこちら 》

←「募集・採用の成功法則1」前章へ

ページ上部へ戻る